ONE WEDDING  ONE COUNTRY

伝えるぜ!世界のWEDDING!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ボホール島でヒッチハイク♪











皆さんのワンクリックで、

頑張ってブログ更新しております。



1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。



見たよ!!のクリックお願いします。

下記の『世界一周』をクリックして下さい♪

(世界1周ブログのサイトに飛びますが、

クリック詐欺とかじゃないのでご安心を。)


※PCの方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




※スマホ、携帯の方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 世界一周





あっ!それと何でも結構なので

コメント頂けるとテンション上がります!

是非、気軽にコメント下さい♪



今日も元気に、ブログランキング参加中♪

---------------------------------------







そう言えば、フィリピンのセブに滞在している時に、

行こう、行こうとは思っていたんだけど、

なかなか行っていなかった場所によーやく行って来た時の記事でも。






そうなんです。


フィリピンのセブに来た人ならまずはココに行くんじゃないか?

そんな場所。




『Bohol Island』




日本の観光名所で言う所の京都。


食べ物で言う所の寿司。


オタクの聖地で言う所の秋葉原。




そんな場所。日本に来たらとりあえずはそこ行っちゃうよね。

っていう鉄板的な場所がBohol Islandなわけなんです。






そんな王道な場所にフィリピン1度目に訪れた時も行かず、

今回の2度目の滞在も既に3ヶ月くらいが過ぎ去ろうとしているのに

行ってなかったもんですから、

このタイミングで行かなかったら一生行かないだろうなー。

そんな事を思ったんで、よーやく思い腰を上げたわけなんです。






とりあえず、Bohol出身の先生に行き方を聞きまして、

Boholと言えば、ココでしょ!って所に来ました。


それが、こちら。

『Chocolate hills』

IMG_2298.jpg














5月の乾季になるとこの緑色の草木が茶色に色づく事から、

そんな名前になったそーな。



まぁー、せっかくなんでむさ苦しい男3人で記念撮影しまして、

3人の集合写真はあえて無表情で撮ろう!となったんでこんな感じに。

IMG_2302_20160107111044b01.jpg
全員微妙にニヤニヤしてる。















この写真を撮ったあとすぐに笑っちゃったんですけどね。

まぁー、このChocolate hillsの見所はココだけなんで、

10分もココに滞在すればお腹いっぱいになるんですわ。



で、この後どーやって移動しようかなー

そんな事を思っていたら、

目の前に大きなバンで観光している

フィリピン人がいるではありませんか!!




僕達3人とフィリピン人観光客7人くらいと目が合う。

次の瞬間、『ちょっと一緒に写真撮りましょうよ~』



さすがフィリピン人!

フレンドリーであり、写真大好きであり、自画撮り大好きな人達。




んで、一緒に写真を撮影が終わり、

一緒に来ているツバサに一言。


僕『ちょ!ツバサ!!』

僕『あのフィリピン人に今からどこ行くの~?って聞いて来てよ!』

ツバサ『えっ?!なんで僕なんですか?ww』

ツバサ『ケイタさん行って来て下さいよー!!』

僕『いや、ココはお前に任せた!早く行って来て!』





年齢が上だからという日本の縦社会のルールを武器にお願いする僕。

もうー、最低ですなww



まぁー、ツバサもまんざら嫌そうでは無かったからいいか!

って事で、よくよくフィリピン人達の話を聞くと、

どーやらこれから僕達が行きたい!

と思っている場所と同じ所に行くらしい!!




なるほどー、って事はですよ。

ちょぃとご一緒させて頂いてもいいっすかね?





もちろんいいわよ!!


あざっーーーす!!




って事で、フィリピン人のおばちゃん達?お姉さん達?

7人組ぐらいのバンに乗せてもらってBoholを回る事に。




Chocolate hillsを後にして早速向かった場所が、

バタフライガーデンという場所。




日本の観光ガイドとかには載っていない場所なんだけど、

フィリピン人の皆様が向かうそうなので、

居候させてもらっている僕達も自動的に行く事に。




建物自体は小さいけど、たくさんの蝶蝶の標本があったり、

色んな蝶蝶が飼育されていたりしておりました。




正直、そんなに蝶蝶に興味があるわけでもなく、

むしろ、蝶蝶に興味は無い。
(居候の身のくせに贅沢きわまりない発言)

早く、移動しないかなーなんて思っていたんですけど、

当のフィリピン人達は、

キャッキャッいいながら盛り上がっておりまして、

IMG_2318.jpg













蝶蝶でここまで盛り上がる事が出来るなんてスゲーなこの人達。

とか、むしろ感心させて頂いたりしました。



蝶蝶鑑賞も終わり、次の目的地へ。




そして、ココでBoholの目玉の1つでもあるターシャを。

IMG_2334.jpg











世界で1番小さなサルで有名なターシャ。


体重が100g程度で手のひらに乗るお猿さん。


まぁー、確かに小さいんだけどターシャを保護するために、

柵で覆われているため結構遠い距離からしか見る事が出来ない。




その上、このお猿さんは夜行性のためお昼間はほぼ動かないから、

困ったもんです。






そんな場所でも僕らは無表情で記念撮影。

IMG_2339.jpg












このターシャのオブジェは全然可愛く無いし。

IMG_2341_20160107111230907.jpg













そして、そんなターシャを見終えた後に僕らが向かったのが、

Zipplineが出来る場所へ。


ZIpplineが分からない人はこちらへ。



ただ、高所恐怖症の僕からすると全然興味が無い。

むしろ、コレにお金を払う人達の気持ちが理解出来ない。



でも、一緒に来たフィリピン人達はココでご飯を食べて、

川下りをやるらしく僕らの事なんておかまい無しに

ランチへ行ってしまった。





じゃー、俺らは先に他の場所へ移動しようと思い

その事を伝えようと思ったけど、誰もいない。




いつ戻ってくるか分からない人達を

待っていてもしょうがない。



どーしよーかしら。


困っちゃったなー。



仕様がないので、心の中でありがとうをつぶやきこの地を後にする事に。

ありがとう。フィリピンのお姉様方!!

IMG_2344_20160107111232d8d.jpg















年期の入ったジプニーでさらに先のタグビラランを目指す。

タグビラランに着いたのが夕方。


お腹が減っていた僕達もこの町で腹ごしらえをし、

さらに、先のアロナ・ビーチを目指す。




というのもまだ宿も予約していない僕達だから、

このまま夜になってしまうと宿探しも大変になってしまうし、

そもそも宿が取れない恐れもあるから暗くならない内に

今回の宿ポイントでもあるアロナ・ビーチへと行かなければならない。





で、なんとかバタバタながらアロナ・ビーチに着き、

何件か宿を見ながら泊まる場所も無事に確保する事が出来た。




無事にチェックインを済ませ、

お腹を満たす為に、シーフードレストランへと入り、

お腹いっぱいになった僕達はベットに横になった瞬間、

いつの間に、深い眠りについていた。






おしまい。











いつも愛読ありがとうございます!

見たよ!の鬼クリックお願いします!

最近、クリック数激減でガラスのハートにヒビが。。。

皆さんのワンクリックが心の励みです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

| フィリピン | 11:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://k19840214.blog.fc2.com/tb.php/385-4b59a966

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。