ONE WEDDING  ONE COUNTRY

伝えるぜ!世界のWEDDING!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

世の中、こんな仕事もある。














皆さんのワンクリックで、

頑張ってブログ更新しております。



1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。



見たよ!!のクリックお願いします。

下記の『世界一周』をクリックして下さい♪

(世界1周ブログのサイトに飛びますが、

クリック詐欺とかじゃないのでご安心を。)


※PCの方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




※スマホ、携帯の方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 世界一周





あっ!それと何でも結構なので

コメント頂けるとテンション上がります!

是非、気軽にコメント下さい♪



今日も元気に、ブログランキング参加中♪

---------------------------------------









パースから車で2時間程の場所にある

『Donny Brook』という場所に来ている僕なんですが、


この場所に来た理由は、

ファームの仕事を久しぶりにしたいなー

ってのと、お金をがっぽり稼いでやろうじゃないか!へへへへ

的なお金の亡者丸出しな気持ちでやってきたわけです。



んで、この場所で仕事をGETするのが、

普通のファームの仕事とちょっと違うんだよね。




どう違うかと言うと、

この場所では、『One Day Job』なるものがあって、

用は、『1日だけの仕事』ってのがあるだよね。




僕は、Donny BrooKという町にある『Brook Lodge』という

バッパーに住んでるんだけど、そのバッパーが仕事を斡旋してくれる。




そのバッパーは、数多くのファーマーとのコネクションがあって、

長期の仕事はもちろんの事、短期の仕事の依頼も沢山持っている。




もちろん、ファームの仕事っていうのは、

季節や天候に左右されるから年中仕事があるわけでは無いんだけど、

色んな仕事をみんなやっていてとても面白い。




そんなある土曜日の出来事だった。

僕がこの町に来て、2回目の土曜日。


運良く、宿に着いた3日後には仕事が始まった僕は久々の

ファームの仕事に体が疲れきっていた。

 
月曜日から金曜日まで朝5時30分過ぎには起きて、

夕方4時くらいには仕事を終えて帰ってくる。



そして、念願の週末。

体の疲れが残っていたのか、起きると朝の10時くらいだった。




起きて、ちょっとネットでもしながらゆっくりと休日を過ごそうかなー

そんな事を思いながら、テラスでネットを見ようとした瞬間。




60歳くらいのオーストラリア人がいきなり俺の方がやって来た。


そのおっちゃんと目があった瞬間、おっちゃんは俺の方を見て

衝撃的な一言を言って来た。




親父『よし、今から仕事に行くぞ!』


俺『はっ?!』


親父『いや、だから、仕事に行くぞ!』


俺(この親父、一体何を言ってんだ?!)


俺『どんな仕事なんだよ?』


俺(っていうか、なんで仕事の内容を聞いているんだ!俺!!)


親父『荷物を上げたりする感じだ!』


俺(なんだ!その中途半端な説明は!!!)


俺『で、何時から仕事すんの?』


俺(いや、いや、だからなんで時間とか聞いてんだよ!俺〜!)


親父『今からだ!』


俺(いきなり来て、今から仕事だとかアホちゃう?この親父!)


俺『分かった。今から準備するから待っといて!』


親父『よし!駐車場で待ってるぞ!』







こんなやり取りをしまして、

半ば強制的というか、これって拉致?

くらいの勢いで、仕事にかり出された。



親父曰く、仕事は3時間もあれば終わるから!

という、本当なのか嘘なのか、なんの信憑性も無い言葉を当てにして、

仕事を受ける事にしてしまった。



そもそも本当に給料払うのか?

というか、一体時給はいくらなんだ?


もちろん、労災とか無いですよねー


みたいな一抹の不安はあったんだけど、

男が1度、やる!と言った事を簡単に引き下げるわけにはいかないので


まぁー、いいっか!という安易な気持ちで車に乗り込んだ。





宿泊している宿から車で40分近くの場所まで移動し、

軽トラックの荷台に要らない家具やらソファーやらを乗せて、

また、40分くらいの道のりを車で引き返して、


粗大ゴミ置き場みたいな所に家具やらソファーを捨てる。




そして、帰りに道に親父がビールでも飲むか?

って事で、仕事終わりのビールを飲みながら車で宿まで送ってもらう。


オーストラリアは確か、ビールを2本くらいまで飲んでも、

『飲酒運転にならない』というまったくもって意味不明な法律がある。



ビール2本でも酔う奴は酔うだろ!

とか思う感覚は、この国には無い。



でも、こういう適当な感じ嫌いじゃないけどね。

そんな感じで、拉致られながらも無事に仕事を終えた内容は

以下のような感じ。



所要時間:2時間。

給料:30ドル+ビール1缶(時給15ドル)

仕事内容:ほとんど車にしか乗ってない。

     荷物の上げ下げに要した時間30分。


得たもの:特にない。







ほとんど何もしてないのに、時給15ドルなんて日本じゃ考えられない


さすが、オーストラリア。



お金を稼ぐのに、こんな簡単な国は他には無いな。




おしまい。



















いつも愛読ありがとうございます!

見たよ!の鬼クリックお願いします!

最近、クリック数激減でガラスのハートにヒビが。。。

皆さんのワンクリックが心の励みです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

| オーストラリア | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://k19840214.blog.fc2.com/tb.php/372-ba68a7a3

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。