ONE WEDDING  ONE COUNTRY

伝えるぜ!世界のWEDDING!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おじいちゃんとラジカセ野郎。












皆さんのワンクリックで、

頑張ってブログ更新しております。



1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。



見たよ!!のクリックお願いします。

下記の『世界一周』をクリックして下さい♪

(世界1周ブログのサイトに飛びますが、

クリック詐欺とかじゃないのでご安心を。)


※PCの方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




※スマホ、携帯の方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 世界一周





あっ!それと何でも結構なので

コメント頂けるとテンション上がります!

是非、気軽にコメント下さい♪



今日も元気に、ブログランキング参加中♪

---------------------------------------






先日というか、ちょっと前にカイトフェスティバルに行って来た。

カイト(凧)のフェスティバルがシドニーのBondi beachで

行われていたんだけど、今日はその時のお話。





その日は、雲1つ無い晴天。

少しずつ夏に近づいているオーストラリアなんだけど、

この日の暑さは夏到来を感じさせる暑さ。




歩けば、汗が滝のように流れてくる。

そんな夏へとまっしぐらのオーストラリア。




お目当てのボンダイビーチへと到着すると、

人、ヒト、人。


人という字は人と人が支え合って.......

って、よくもまぁー、こんだけの人が来たもんだ( ゚д゚ )

僕もその1人なんですけどね。

IMG_9992.jpg













この大量の人ごみの中で、

大人から子供までみんなが一生懸命、凧を上げている。




大小様々な凧が上げられているんだけど、

めちゃくちゃ大きいクジラの凧が上げられていたり、

IMG_9957.jpg












カラフルな鳥の凧が上げられていたり、

IMG_9959.jpg












無数の凧がボンダイビーチの上空を優雅に漂っている。

IMG_9962.jpg











で、親父はこういう時は、カッコつけたい生き物。

奥さんの手前、子供の手前、

普段家でゴロゴロしている時の親父とは違った顔を見せるべく、

誰よりも必死に凧を上げている。

親父の行動は世界共通のようだ。

IMG_9964.jpg













もちろん、盛大なイベントという事もあって、

凧上げ以外にも、癒し系キャラのおじいちゃん達が

古の時代より引き継がれて来たという伝統のダンスをしていた。

IMG_9969_20141026081939eb5.jpg












もちろん、至る所で凧を売っているのでご安心を。

IMG_9981_20141026081945c01.jpg











あと、至る所に犬が居るのでご注意を。

IMG_9988_20141026081942d27.jpg












それと、至る所に上半身裸の男子が体育座りでいるので、

カメラのご用意を。

IMG_9998.jpg














とまぁー、想像以上に盛り上がりを見せていたカイトフェスティバル。

ビーチ沿いで行われているイベントだから、

凧上げを見たり、ビーチ沿いを散歩したり、

近くの芝生でゴロゴロしたり出来る。






いやー、なかなか面白いイベントだなー

なんて、思っていたんです。





で、話の本題はココから。




帰りの道中の話なんだけど、

僕は、この後、仕事が入っていたので、

シティへと帰るべく、バス乗り場でバスを待っていた。





でも、バス停には大量の人がいて、

このままバス停で待っていても結構待つんだろうなー

このままだと仕事に遅刻しちゃいそうだなー




そう思ったから、タクシーを探しながら、

次のバス停、次のバス停へと歩いて行く事した。





でも、バス停に停まってくるバスは満席のため乗車出来ず、

タクシーも全てに人が乗っているからタクシーも捕まらない。




しょうがないから歩く。



で、歩いていると目の前に若者2人組が歩いていた。

その若者のうちの1人が1990年代のニューヨークとかにいそうな

Hip-Hopスタイルのやつだった。

7f6a08e335b9459d6a0e50fa7b14dc72.jpg
(ネットより抜粋)











この2人組は、肩に担がれたラジオから爆音を鳴らしながら、

ノリノリで歩いている。





電子機器の成長が著しく発達している近年。

音楽を聞く形は時代と共に変化していった。





カセットテープラジオからCDへと変わり、

CDからMDへと変わった。

更に、MDからMP3(i-pod)へと変わって行っている近年、


あえて、すげーデカいラジオで音楽を聴く彼らは周りの注目を

浴びているスタイルだった。





そんな彼ら2人組の後ろを歩いているボク達。

ラジオから流れている音楽は最近のClubミュージッックだったけど、

そんなのはどうでもよかった。




5分くらい歩いていると、

ヨボヨボのおじいちゃんが1人で目の前を歩いていた。



おじいちゃんは1歩、1歩が本当にゆっくりで、

大地を踏みしめるように1歩、1歩、歩いていた。




そして、ちょうど目の前に横断歩道が待ち構えていた。




オーストラリアの横断歩道は、信号がすぐ青から赤へと変わる。

全くもって、お年寄りに優しくない信号機だ。




そんな信号機をしっていた僕はちょっと不安になった。


このおじいちゃんは、時速毎秒30㎝くらいしか進んでいないけど、

果たして、この横断歩道を渡れるのか!と。





信号待ちで待っている5人。

ボク達2人とおじいちゃん1人とラジカセ片手に持っている2人組。





信号が赤から青に変わった。


おじいちゃんがゆっくりと歩き出す。

さすがおじいちゃんだ、ボク達は一気3速に切り替えて歩き始めるが

おじいちゃんは1速のままだ。




ダメだ!

おじいちゃん!!




このままでは、絶対に横断歩道を渡る事が出来ないぞー!

と思った次の瞬間。





ラジカセ片手に音楽ガンガンにならしている1人が、

おじいちゃんの片手を取った歩き始めた。




左手には肩に乗せたラジカセ。

右手では優しくおじいちゃんをエスコート。


歩きならがらも音楽をガンガンにかけながら、

縦ノリで歩いている。






おじいちゃんの歩くスピードに合わせているから、

既に、信号機は青色から赤色へと変わっている。





でも、誰1人としてクラクションを鳴らす人はいない。



あの光景を見ていた全ての人が幸せな気持ちになったに違いない。






Love&Peace











いつも愛読ありがとうございます!

見たよ!の鬼クリックお願いします!

最近、クリック数激減でガラスのハートにヒビが。。。

皆さんのワンクリックが心の励みです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

| オーストラリア | 08:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://k19840214.blog.fc2.com/tb.php/362-615d2339

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。