ONE WEDDING  ONE COUNTRY

伝えるぜ!世界のWEDDING!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

Tullyでバナナの仕事をGETする方法♪












皆さんのワンクリックで、

頑張ってブログ更新しております。



1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。



見たよ!!のクリックお願いします。

下記の『世界一周』をクリックして下さい♪

(世界1周ブログのサイトに飛びますが、

クリック詐欺とかじゃないのでご安心を。)


※PCの方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




※スマホ、携帯の方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 世界一周





あっ!それと何でも結構なので

コメント頂けるとテンション上がります!

是非、気軽にコメント下さい♪



今日も元気に、ブログランキング参加中♪

---------------------------------------










本日のありがたいお言葉。


心理学の先生曰く、

「異性に対する好感度に容姿が影響するのは5回目のデートまでです。

ですからみなさん、もし自分の容姿に自信がなくても頑張って

相手を五回連れ出してください!!』




なんか、希望が持てるわー。


5回連れ出せば容姿なんて関係無くなるんでしょ?



あとは、断られても折れない心を身につけるしか無いな!




どうも、こんにちは。

見た目とは裏腹に心が折れやすい僕です。






さて、さて、

シドニーから飛行機でひとっ飛びでやってきましたケアンズ。

更に、そのケアンズからバスで2時間30分ほど離れた場所にある

Tully(タリー)という場所へやってきました。






何故、タリーにやって来た方と言いますと、

Farm jobをGETするためなんですねー。




そもそも、ファームジョブって何なの?って話だと思うんだけど、

これは、オーストラリア政府が国の政策の一環としてやっている事で、

用は、オーストラリアの田舎の働き手を確保するためなんです。




どういう事かと言うと、

オーストラリアって日本の国土の20倍近くもあるくせに、

人口は、日本の6分1くらいしかいない。





その上、オーストラリアも日本と同様に、

田舎になればなるほど、過疎化が進んでいて働き手がいないんです。





ここで、オーストラリアの政府は、

政府が定めるファームで一定期間を働いてくれたワーホリの人達に、

もう1年、オーストラリアでワーホリをしてもいいよ!

っていうセカンドVISAを発給する事を始めたんです。




数年前までは、

ワーホリでオーストラリアに来たとしても1年しか働けなかったけど、

ファームで一定期間、仕事をすればもう1年滞在できるVISAを

発給する仕組みを取り入れたんです。





いやー、なかなか頭のいい政策ですこと。



という事で、僕もその政策に乗っかって、

ファームでの仕事をGETする為にやって来た場所がTullyという場所。





このタリーという場所は、バナナがとても有名な所で、

オーストラリアで消費されるバナナの大半を

この場所で収穫しているらしい。





それに、ファームジョブって言うのは、

場所によって収穫されるフルーツや野菜なんかの時期が

決まっていたりするんだけど、

このタリーに関しては1年中仕事があるらしく、

仕事を見つければ安定して収入をGET出来る!

っていう甘い誘惑に乗せられてやってきた。






で!

このタリーという場所でバナナの仕事をどうやってGETするかと言うと

大きく分けるとこんな感じで仕事をGET出来る。


①友人に紹介してもらう。


②宿泊先からの紹介。


③ファームを直接訪ねる。


④ジャンピングで仕事をGET。





だいたい、こんな感じでみんな仕事をGETする。




まずは、①の友人の紹介なんだけど、

以前、働いていた奴はしっているんだけど、

リアルタイムで働いている奴は知らない。


だから、僕には友人の紹介は望めない。


後日談にはなるけど、

友人の紹介が一番確実だし信頼出来る。

僕の知り合いも友人の紹介で仕事をGETしていたしね。




そして、②の宿泊先の紹介なんだけど、

これは、かなり期待が持てる。



っていうのも、タリーでバナナのファームをしている人と、

宿の人達がしっかりとコネクションを持っているから、

バナナファームの人手が足りなくなったりすると、

宿の人へ連絡が行って、人員補給をしたりするんです。




せっかくなので、

タリーの有力宿を紹介するとこんな感じ。



◆ラフターズ(バナナバラックス)10人部屋で週135ドル〜


◆Tully Hotel 4人部屋で週130ドル〜


◆キャラバンバーク テント生活で週80ドル〜


◆Savoy 3人部屋で週120ドル〜




この4つかな、宿は。



まずは、ラフターズ。


ココが1番仕事を斡旋してくれる。



というのも、マッカイというタリーで一番デカいバナナファームと

唯一のコネクションを持っているのがこの宿。



だから、ラフターズに滞在していれば仕事にはありつけます。





しかーし!!





このラフターズが1番強いコネクションを持っている事を、

タリーで仕事を見つけたい人達は大抵知っている。




だから、タリーを訪れた人は、

ほとんどの人がラフターズに泊まろうとするんだけど、

それを知っているラフターズの人達も簡単には泊まらせてはくれない。




僕もタリーを訪れた初日にラフターズに行ったけど、

あっさりと、断られました。



なんて、断られるかと言うと、

『あー、満室だから無理、無理。』

みたいな感じ。




ただ、ココだけの話。

本当は、空き部屋が結構あるらしい。



なので、


嘘ー!


お願いー!


泊めてー!


抱いてー!


てな感じで、ひたすらにお願いしましょう。



諦めない心。これが大事です。



意中の女の子、男の子をデートに誘うのと一緒です。



ちなみに、打たれ弱い僕は、断られた瞬間に諦めました。



でも、知り合いの女の子は1時間粘りまくって、

実際にそのまま泊まれた子もいます。


女の子は強いよねー。ホントに。



ただ、本当に満室になる事もあると思うので、

本当に無理そうな場合は、引き際を間違えないでね。




次に、タリーホテル。


僕は、ラフターズに泊まれなかったので、

結局、タリーホテルに泊まる事にした。



タリーには3ヶ月半滞在したけど、

結局、ずーーっとこのタリーホテルに滞在しちゃった。



でも、仕事の斡旋力はちょっと弱いかなー。

知り合いの女の子とかは1ヶ月待った子もいるしね。


でも、全てのファームに言える事なんだけど、

自然を相手にしている事なので、

時期によっては人手が足りなくてすぐに紹介してもらう事も出来るし、

ホント、タイミングなんだよね。




あと、タリーの宿泊施設には無料Wi-Fiがどこも無いんだけど、

実は、タリーホテルの隣の建物が電気屋さんになっていて、

その電気屋さんが無料のWi-Fiを飛ばしているから、

タリーホテルにいる人は、無料Wi-Fiに接続する事が出来る。


とは言っても、電気屋さんが開いている時間だけだから、

夜の7時には使えなくなっちゃうんだけどね。




そして、次にキャラバンバーク。

ココは、泊まった事無いんだけど、とにかく宿泊料金が安い。


ただ、仕事の斡旋率は一番弱い。


でも、キャンプ施設みたいなのもあるから、

宿代をとことこん抑えたい人はココが1番オススメ。




そして、最後にSavoy(サボイ)。

ココは、仕事の斡旋率は結構高いと思う。


ただ、韓国人宿。

住んでいる人はほとんどが韓国人か日本人。




なので、環境的にアジア系の人ばっかりが嫌ならオススメは出来ない。

でも、そんなの関係ねぇー!(小島よしお的に)

っていうのなら問題ないと思うよ。


屋上には、ちょっとした筋トレジムがあるから、

僕は、よく筋トレをしに行ってたしね。




という事で、宿泊先の結論を言うと、

個人的に思う、仕事の斡旋率はこんな感じ。


ラフターズ〉サボイ〉タリーホテル〉キャラバンバーク




そして、③のファームを直接訪ねる。

っていうやり方なんだけど、これは車が無いと無理。



タリーの街からファームまでは結構な距離があるので、

歩いてファームを訪ねるのは相当キツいと思う。



だた、車があるならファームに直接行って交渉するのが

一番手っ取り早いしね。

オススメです。





そして、最後に④のジャンピングで仕事をGET。というやり方。

何を隠そう、僕はジャンピングで仕事をGETしたラッキー者。




ジャンピングというのは、何かと言いますと、

だいたい、朝の5:30〜6:00に各々のファーム専用バスが

働き手を所定の場所でピックアップしてくれるんです。



だから、働いている人達は、

自分たちのファームのピックアップ時間に所定の場所へ行き、

バスに乗り込みファームへ行って仕事をする。



仕事が終われば、バスに乗って町まで帰ってくる。

っていうのが、一連の流れになる。

(ちなみに、バス代は要りません。)




ジャンピングっていうのは、

朝のピックアップ時間でもある5:30から6:00の間に、

みんながバスを待っている場所へと行き、

バスのドライバーに、

『おっちゃん、仕事を探しているから雇ってくれー!』

ってお願いするやり方なんです。



もちろん、普通に声をかけても覚えてくれないので、

ノートの切れ端とかに、

・名前

・国籍

・VISAの期限

・電話番号

・宿泊先

・仕事の経験の有無

などなどを書いて、ドライバーへ渡す。


運が良ければ、ファームから電話がかかってきて仕事をGET!!

てな感じで仕事をGET出来る。


これも電話が何日も掛かって来なくても、

諦めずに毎日、毎日、ノートの切れ端を渡すが大事。




あと個人的に思うポイントとしては、1人でやった方が良いと思う。


というのも、たまーにドライバーから声をかけてくる事がある。

『おい、お前って仕事を探してんの?』みたいな感じで。



そうなった時に、もしドライバー的には1人だけ人員補給したいのに、

2人、3人で固まっていたらそいつらには声を掛けないよね。




実際に僕の友達も1人でジャンピングをしていて、

ドライバーのおっちゃんに声を掛けてもらって仕事をGETした奴もいる




ちなみに僕は、初めてジャンピングをしたのが月曜日の朝。

んで、その日の夕方に電話がかかってきて仕事をGET出来た。


というラッキー者。



他にもジャンピングで仕事をGET出来た人は結構居るから、

宿泊先からの仕事を斡旋してもらうのを待つのと

ジャンピングをして仕事をGETしましょう。



ただ、宿泊先から仕事を斡旋してもらった場合は、

最低、3ヶ月間滞在しないと行けません。

それが、仕事を斡旋してもらう為の交換条件です。


もしも、宿泊先から仕事を斡旋してもらったにも関わらず、

3ヶ月以内で宿を出てしまう場合は、ホテルにチェックインする時に

デポジットで500ドルくらい払うんだけど、

そのお金が戻ってきませんので気をつけてね。




あと、タリーのバナナファームに関しては、

男の方が圧倒的に仕事をGETしやすいうと思う。



それは、男の方が仕事を出来るポジションが多いから。



バナナファームはかなりの力仕事。

だから、女の子は仕事を出来るポジションが限られてくる。



それでも、1年中仕事があるファームっては珍しいので、

是非ともタリーに行ってステキなファームLifeを。




おしまい。









いつも愛読ありがとうございます!

見たよ!の鬼クリックお願いします!

最近、クリック数激減でガラスのハートにヒビが。。。

皆さんのワンクリックが心の励みです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

| オーストラリア | 11:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://k19840214.blog.fc2.com/tb.php/352-f312387b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。