ONE WEDDING  ONE COUNTRY

伝えるぜ!世界のWEDDING!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アフリカ最南端、喜望峰とミーハーな男。











皆さんのワンクリックで、

頑張ってブログ更新しております。



1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。



見たよ!!のクリックお願いします。

下記の『世界一周』をクリックして下さい♪

(世界1周ブログのサイトに飛びますが、

クリック詐欺とかじゃないのでご安心を。)


※PCの方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




※スマホ、携帯の方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 世界一周





あっ!それと何でも結構なので

コメント頂けるとテンション上がります!

是非、気軽にコメント下さい♪



今日も元気に、ブログランキング参加中♪

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−









南アフリカのペンギン村を訪れた後に向かった先は喜望峰。

英語名は『CAPE OF GOOD HOPE』




もちろん、この場所に来た理由はアフリカ大陸の最南端を訪れるため。


と言っても、本当は最南端じゃないらしいんだけどね。







でもね、そんなのはどうでもいいじゃないですか!!


問題は、思い込む事。


ここはアフリカ大陸最南端なんだ!!


それでいいと思うんです。








というか、

極論で言うと、アフリカ最南端というブランドに釣られて来てるわけで、

”アフリカ最南端”というブランドが無ければ、

”景観の良い大陸の端っこにある断崖絶壁”付近なわけです。





でも、何かと理由を付けて人々を呼び込もうとしているのは世界共通。



例えば、、、


彼の有名な豊臣秀吉公が訪れた際には必ず立ち寄っていたという〇〇温泉


とかさ、


マドンナが来日した際に舌鼓を打ったという〇〇ホテルのデザート


とかさ、


ナポレンが愛用した老舗の万年筆


とかね。









でもさー、本来は物の価値なんて自分が満足している事が大事なはず。




『豊臣秀吉公が必ず立ち寄っていた温泉』というのが大事な事じゃなくて


そこの温泉の効能が自分にピッタリで癒しの時間を得る。


だから、その温泉に行こうと考える。







『マドンナが舌鼓を打ったデザート』というのが大事な事じゃなくて


そこのホテルの雰囲気、音楽、接客態度、家具・調度品が素晴らしく、

その雰囲気の中で食べるデザートがこれまた美味。


だから、そのデザートを大事な人と一緒に共有したい。


だから、大事な人と食べに行く。








『ナポレオンが愛用した万年室』だからその万年筆を買うのではなくて


それを作る万年筆職人の技に魅了されて買うようになった。


だから、その万年筆を使い続けている。










本当に大事なのは物事の本質を見極める事ではないのでしょうか。















とは言ったものの、



マドンナが舌鼓を打ったデザートがあるのかどうかも知らないし、



ナポレオンが愛用した万年筆があるかどうかも知らないんですけどね。










でも、思うんです。



そうやって常に物事を考える人生はつまらないだろう。とね。







結局の所、


豊臣秀吉公が好きだった温泉に私も入ってみたい!!


マドンナが美味しいと思ったデザートを食べてみたい!!


ナポレオンが愛用した万年筆を自分も使ってみたい!!






こういう動機だったとしても、

それを求めた人達が満足だったらいいんじゃないか!ってこと。

人の満足の仕方は十人十色。






最初の理由はミーハーな理由で出会ったとしても、


そこからその温泉を好きになるかも知れない、


デザートが想い出の味になるかも知れない、


職人が創る万年筆の技に魅了されるかも知れない、





そうやって満足の形が少しずつ変化するのも事実。


それは素晴らしい事のように思う。








ただ、僕的に1番残念なのは、

いつまで経っても『豊臣秀吉公が入った温泉』て事や、

『マドンナが舌鼓を打ったデザート』『ナポレオンが愛用した万年筆』

だけに捕われる事。







そんなのは物の価値も分からずにルイヴィトンのバックを持って

自慢げに歩いている女子高生と何ら変わらない。









そんな事を考えながらミーハーな気持ち全開で喜望峰へ行ってきました。




そこから見える景観は素晴らしく、

IMG_9742.jpg




IMG_9748.jpg



















観光客全開で記念撮影を行い、

IMG_9745.jpg
















アドレナリンという分泌液に犯された自分は人の目を気にする事も無く、

上半身裸でアフリカの旅を終わらせようとお祭り気分。

IMG_9760.jpg

















バカもここまで来ると手がつけられなく。

東映の映画のワンシーンのような哀愁さえ感じさせてくれる。

IMG_9762.jpg



















こうやって、どれだけ偉そうな事を文面で書き留めたとしても、

僕はルイヴィトンの女子高生と何ら変わらない気がしてきた。。。










おしまい。








いつも愛読ありがとうございます!

見たよ!の鬼クリックお願いします!

最近、クリック数激減でガラスのハートにヒビが。。。

皆さんのワンクリックが心の励みです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

| 南アフリカ | 12:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

(´・Д・)」

喜望峰って…だいぶ寒くなかった(´・Д・)」?

| O-Hama | 2014/03/28 12:33 | URL |

Re: (´・Д・)」

ハマさん

喜望峰寒かったですよー。

他のツーリスト達はダウンジャケット着てましたからね(笑)

| サキモージョ ケイチョフ | 2014/03/29 13:10 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://k19840214.blog.fc2.com/tb.php/327-419d45c7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。