ONE WEDDING  ONE COUNTRY

伝えるぜ!世界のWEDDING!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

初ヒッチハイクがハンパねー。








皆さんのワンクリックで、

頑張ってブログ更新しております。



1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。



見たよ!!のクリックお願いします。

下記の『世界一周』をクリックして下さい♪

(世界1周ブログのサイトに飛びますが、

クリック詐欺とかじゃないのでご安心を。)


※PCの方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




※スマホ、携帯の方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 世界一周





あっ!それと何でも結構なので

コメント頂けるとテンション上がります!

是非、気軽にコメント下さい♪



今日も元気に、ブログランキング参加中♪

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−






順調に縦揺れする摩訶不思議な電車移動。

いまの所、脱線はしておりませんけど、

いつ脱線するのか分からない恐怖が付きまとってる。





そんなタンザン鉄道。

マイナスイオン全開のど田舎をひたすらと突っ走ってます。

IMG_8181.jpg










途中、ひまわり畑もあった。

いまは、シーズンじゃないみたいで咲いているひまわりも

ポツポツといった感じだった。




でも、これがシーズンだったらめちゃくちゃ綺麗だと思う。

そんなのんびりとした電車移動。







昨日は、野生のカバを窓から見れたから、

今日は、どんな動物を拝めるのか!!




って思って、

小学生ばりに窓にしがみついて外ばっかり眺めてましたけど、

今度は、1匹も動物を見る事は出来なかった。







やっぱり場所によるのかな??


動物を見る事は出来なかったんだけど、

タンザン鉄道のゆっくりとした移動風景を動画で収めたので、

よかったら見て下さいな。


















こんな感じで、ゆっくりと移動し、

とうとう、タンザニアからザンビアに到着。






電車の中にイミグレの人が入って来て、

サクッと入国の手続きをしてくれる。





そんな入国手続きをしている時に、

可愛らしい子供達が遊びに来ていた。

IMG_8203.jpg




IMG_8207.jpg



IMG_8204.jpg




IMG_8211.jpg




IMG_8212.jpg




IMG_8213.jpg




IMG_8215.jpg













いや〜、ホント可愛い♪


こんな可愛い子供達の笑顔に癒されて、

更に、ザンビア内をタンザン鉄道で移動していきます。






途中、停車する駅で窓から外を見てみれば。。。

IMG_8225.jpg









電車が発車し始めのタイミングで、

出入り口の所で遊ぶ子供。


子供かっ!!!




子供なんですけどね。



これは、海外あるあるだと思うんだけど、

外人って何歳か全然分からない。





黒人になると尚更分からないからね!


その顔で、19歳??



ウソやん(笑)


日本語で話していたら余裕で敬語使ってるけど!!

みたいな人とかめっちゃいるからね!






そんな事を思いながら、

電車は相変わらずゆっくりとしたペースを保ちながら、進んで行く。





ザンビアに入っても、

停車する駅で待ち受けているもの売りの人達は何も変わらない。

IMG_8228.jpg



IMG_8230.jpg










子供達も遊びに来放題。

IMG_8229.jpg








そんな電車移動。

駅員にカピリムポシには何時頃着くの?って聞くと、

朝の8時に着くだろう!と言ってきた。





そっかぁ〜。




朝の8時かぁ〜。










と!


8時に着くはずがないタンザン鉄道。










時間通りなんてあり得ない。


遅れる事がスタンダード。


そもそも時刻表ってあんの?レベル。



遅れる事に関しては一級品。


電車遅延の重鎮。


電車遅延界のフリーメーソン。






そんなタンザン鉄道。








着いたらのは、お昼の12時でございました。


タンザン鉄道さんありがとうございます。






60時間の乗車時間。



14時間の待ち時間。



合計74時間の移動。




って事は、お風呂にも3日間入っていません。










( ´,_ゝ`)クックック・・・( ´∀`)フハハハハ・・・(  ゚∀゚)ハァーハッハッハッハ!!













臭いやんけ、ボケ!!


疲れたやんけ、ボケ!!







何はともあれ、脱線せずにカピリムポシに着いたよかった。

IMG_8233.jpg











お昼の12時に着いたもんだからお腹が空いた。

レストランも無いし、その辺の道端で売ってるドーナッツを買って、

ペコペコお腹を少しでも満たす事に。






そして、カピリムポシに着いたのはいいんだけど、

今回の移動はココで終了じゃない。







このカピリムポシから一気に首都でもあるルサカまで行かなくては。

駅に着いた瞬間に客引きのドライバーがいたんだけど、

いつのもの事ながら、お金をボッタクリしてきたので、

とりあえず、乗らない!って言って他のバスを待つ事に。






どうせ次のバスもすぐに来るだろう!と思っていたんだけど、

一向にバスが来ない。





まぁー、バスというかハイエースみたいなやつなんだけどね。

1時間程待っても一向に来ないので、

とりあえず、駅から移動する事に。





大きな道にさえでればどうにかなるだろう!って事で、

その辺の現地人に道を聞きながら、重い荷物を持って移動する。






駅から200mくらい歩いた所で、

道を舗装している工事現場のおっちゃん達に、

ルサカまで行きたい事を伝え、バス乗り場を聞いてみる。







すると、おっちゃん達は、

『バス乗り場まで乗っけてってやる!』

と、お釈迦様のような温かい言葉をかけてくれるではないか!






あ、あ、あっざーっす!!!


トラックの荷台最高!!

IMG_8235_20130717095715.jpg










そして、バス乗り場まで乗せてもらい(お金も請求されなかった)

ルサカ行きのハイエースをGETし移動する事に。











うーん、なかなか順調ではないか!!













とか、思っていいわけがない!!


ココはアフリカだぜ!!








1時間程乗っていると、いきなりハイエースが停車した。


どうした?


そんな事を思っていると、

ドライバーがいきなり降りろと指示して来た。






意味が分からない。


が、現地人もみんな降りている。


ここは、言う通りに降りるしか無いみたい。







他の現地人に話を聞いてみると、

なにやら政府の問題で、

ある一定の場所からはバスを出す事ができないらしい!




だから、僕達が降りた場所にはたくさんの人達で溢れていた。


どうやら、他の人もみんな降ろされたみたいだった。








なのに、お金は半分も戻ってこなかった。

意味不明過ぎる。




結構な勢いで口論になったけど、

俺らは悪く無い!!!

と、ドライバー達は一点張り。







そんな事を言うんだったら、俺らの方が悪く無いだろ!ボケ!!


って、日本語で言ったけど通じませんでした。









こういうスーパー過ぎる矛盾を貫く時の

奴らのパワーは計り知れないからね!!







なので、諦めました。


ココで、口論している時間の方がもったいないからね。







このままだと、どこかも分からない場所で1泊しなきゃダメだしね。


そう、そう、どこかも分からない場所の1泊は嫌だもんね。


っていうか、ココどこ??








くそー!

どうしたらいいんだ!!







こうなったら、アレをやるしかない!!

IMG_8236.jpg










そう!ヒッチハイク!!


30分程、悪戦苦闘をしならが、なんとか車をGET。







ふぅー、よかったぜ!!

早速、荷物を車に乗せ込む。

IMG_8238_20130717095847.jpg










そして、次の瞬間。

ちょうど、この写真を撮影した10秒後。







僕達の荷物をいきなり強引に車から出す奴らが現れた。


そして、そいつらはヒッチハイクで停まってくれた車を

バシバシ叩いたり、蹴ったりし始めた。







━━(;゚Д゚)━!!









な、何奴!!










ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…







5秒後、我に返り自分の荷物を奪い返す!







他の人達に事情を聞いてみると、

どうやら、コイツらはバスのドライバー達らしい。



バスのドライバー達は自分たちの客が取られてしまうため、

ヒッチハイクをする車に八つ当たりをしているみたいだ。





というのも、ザンビアなどで行うヒッチハイクは、

お金を払ってヒッチハイクする場合が多い。







とは言え、あんなに車をボコボコしなくても、

でも、僕達もココで引き下がるわけにはいかない!






ココで引き下がったら、

次、いつルサカ行きの車をヒッチハイク出来るか分からない。






だから、自分たちの荷物を持って、さっきの車を追いかける事に。

運良く、200mほど離れた場所にさっきの車が停車している。






僕達はバスのドライバー達に見つからないように、

こっそりと早足で車まで移動する事に。





で、なんとかバスのドライバー達にもバレる事無く、

さっきのヒッチハイクに成功した車まで到着。






やっとの思いで車に乗り込みルサカまで目指す。


そして、ふと車のドライバーを見てみると、

ちょっと半べそかいていた。




なんで、俺の車がボコボコにされなきゃ行けないんだよ!

って言ってた。






そりゃそうだ!!

モラルもなにも無い奴らだったからね。






ここから3時間程、車に揺られてなんとか夕方にルサカへ到着。

宿を見つけるのに苦労しながらなんとか宿をGETし、

久しぶりのお風呂とフカフカの布団でおやすみなさい。






おしまい。








いつも愛読ありがとうございます!

見たよ!の鬼クリックお願いします!

最近、クリック数激減でガラスのハートにヒビが。。。

皆さんのワンクリックが心の励みです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

| ザンビア | 10:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

恐ッ!

そういうところはザ!アフリカ!って感じやね〜´д` ;
ま、死ななくてよかったよ(^o^)

| オーハマ | 2013/07/17 10:21 | URL |

Re: 恐ッ!

ハマさん

ホント、死ななくてよかった!
何が起こるのか分からないのが海外だな!って
改めて思いましたもん!

| サキモージョ ケイチョフ | 2013/07/18 10:12 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://k19840214.blog.fc2.com/tb.php/309-f61ea8e2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。