ONE WEDDING  ONE COUNTRY

伝えるぜ!世界のWEDDING!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

世界一過酷な国境越え







皆さんのワンクリックで、

頑張ってブログ更新しております。



1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。



見たよ!!のクリックお願いします。

下記の『世界一周』をクリックして下さい♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




あっ!それと何でも結構なので

コメント頂けるとテンション上がります!

是非、気軽にコメント下さい♪



今日も元気に、ブログランキング参加中♪

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−






とうとうモヤレからナイロビまで国境越えをする事に。

ちなみに、東アフリカの地球の歩き方にはこんな事が書かれていた。

モヤレを通っての国境越えに関して、

『このルートで絶対に国境越えをしないように。

このエリアでは武装強盗団による事件が多発しており、非常に危険』




それとは別に、巷の噂ではエチオピアからケニアへ入る国境越えは、

世界一過酷な国境越えとして有名な場所でもある。




なぜそんなに過酷かと言うと、道が舗装されておらず、

とにかく”ヒドい”らしい。




だから数ある国境越えの中で、

このルートが旅人の中で1番過酷と言われている。




行く前から不安にさせてくれる事この上ない。

道も悪い上に、武装強盗団が多発って、

全然モチベーション上がらんやん。




そして、そんな過酷な国境越えをするにあたって、

移動する手段が3パターン存在する。

①バスによる移動

②ISUZUの大型トラックの荷台に乗って移動

③ランクルなどの4WDで移動。




①と②に関しては料金が一緒。

だいたい荷物代込みで3,000円くらいで行ける。

③に関しては、ちょっと高くて5,000円くらいらしい。




でも、②のトラックに関しては、

家畜を移動させるトラックになる可能性もあるらしく、

大量の家畜と一緒に移動するのは辛い。




③に関しても料金が高い。

って事で、僕達は①のバスで移動する事に。




6時に出発するとの事だったので、

早起きをしてバス乗り場へと到着。




でも、待てど暮らせど一向にバスが到着しない。

それに合わせたかのように、めっちゃ雨が降っている。

やっとバスが着たと思ったら、10時30分。

既に、4時間半の遅れ。

それも到着したバスがかなり年期が入った代物。

IMG_6999.jpg







とりあえず、4時間30分も待っていて疲れた。

早速、バスの中へと乗ると僕達の指定された座席には現地人が。

ちょ、勘弁してよ。

チケットを見せて、ココハボクタチのセキデース。

って事を説明してなんとか席をGET。





で!

ようやくバスが出発する。

とういうかこの揺れの酷さと言ったらハンパ無い。

上下の揺れがすげー!!

さっきからケツが宙に浮きまくる。

このバスに24時間乗るのか。。。

嫌ダーーーーーー!!!!!!!





そんな揺れの中、何度も停車するバス。

普段でも悪路なのに、この時期は雨期だから更に道が悪い。

道なんて、こんな感じでぬかるみまくっている。

IMG_7006.jpg







んで、途中いきなりバスを降りろと言われる。

えっ??

なんで??





どうやら、道が悪過ぎるらしく1kmほど歩かないといけないらしい

そんな中でも陽気なケニア人。

カメラ持っている写真撮れー!って言ってこのポーズ。(笑)

IMG_7007.jpg







つーか歩かせ過ぎでしょ、コレ。

IMG_7009.jpg






でも、歩いていると、なぜ歩かされたかが分かった。

IMG_7010.jpg





バスが横転しちゃってた。

IMG_7012.jpg







うん。

横転するのなんて嫌だから、僕歩きます。





何度も歩かせられる僕達。

あれ?

これって、お遍路さんだっけ?って感じで歩きまくる。





まぁー、乗ってるバスがこんな感じでぬかるみにはまるから

しょうがないんですけどね。

IMG_7020.jpg






で、よーやく昼飯休憩。

というか、背中がめっちゃ痒い。

乗っているバスのシートがボロボロで、

どうやらダニか南京虫にやられったぽい。





すげーなエチオピアの国境越えは!!

更に、バスは走り続ける。

というか、もう夜になってんだけど。




でも、バスは走り続ける。

何度も何度もぬかるみにタイヤはまって、

男性陣は寝ている中、起こされバスを押すように強要される。




ウトウトしていると、電気が付いて起こされてバスを動かす。

これを何度も繰り返す。




そして、いつの間にか朝になっていた。

でも、朝になっても道の悪さは変わらず、

みんなでこんな感じにバスをぬかるみから移動させる。










うん。

みんなはしゃぎ過ぎだからww





そして、26時間が経過した頃、町に到着。

ココまで、なんと通常8時間の道のりらしい。

3倍も時間かかっとるやんけ!!





しょーがない、しょーがない。

ココはアフリカだからね。




自分を”アフリカだから”という言葉で洗脳するしかない。

そうしないとやってられない。




この町でお昼ご飯を食べる。

ココにも面白い格好の民族がいっぱい居た。

IMG_7029.jpg



IMG_7031.jpg







サクッとご飯を食べて出発するかと思いきや、一向に出発をしない。

どうやら、バスの運転手が寝ているみたいだ。

通常30分くらいの休憩なのに3時間も休憩した。

寝過ぎじゃねーか!運転手!!

まっ、事故られるよりはマシだけどね。





よーやく出発。

その時、人間の文明の凄さに驚いた。





そう、アスファルトの素晴らしさ。

IMG_7037_20130510020814.jpg







なんて素晴らしいだ!アスファルト!!

揺れないじゃないか!

女の子のおっpいが揺れると嬉しいのに、

バスが揺れないのがこんなにうれしいとは!!





この時、夕方の16時くらい。

ココからナイロビまでは8時間くらいらしい。




おい、待てよ。

って事は、世界3大危険な都市でもあるナイロビに夜中に着くの?

うーーん、ヤダな~。

どうするか対策しないとな。。。





と思っていたけど、そんな予想が大きく外れる。

キュルキュル~、プスン、プスン。

IMG_7038_20130510020818.jpg







ガス欠である。

コレで1時間の足止め。





更に、再出発した30分後にバス故障。

ココでも1時間の足止め。




って事は、着くのは夜中の2時くらいか。。。

うーん、更にヤダな。。。





そんな僕を他所に、バスは順調に走り出す。

よーやくナイロビに着いたときは朝の6時だった。




48時間のバス移動。

この旅、最長移動時間更新である。





ありがとう、エチオピアの国境越え。

僕のお尻は悲鳴を上げてるよ。

背中は死ぬ程痒いよ。

そして、3日お風呂に入ってないから臭いよ。




とりあえず、この時間から移動したら、

確実に強盗に遭いそうだったんで、バスの中で待機する事に。




少し日も昇って来た7時過ぎに移動開始。

タクシー強盗に合わないか不安だったけど、

無事にお目当ての宿へと到着。




とりえあず死ぬ程臭いんで、シャワー浴びてきます。






そういや、武装強盗団の事なんか

バス乗車してすぐに頭の中から消えていたな。。。




宿に着いた時の僕は、こんな感じで廃人でした。

IMG_7032.jpg







おしまい。








いつも愛読ありがとうございます!

過酷な移動お疲れ!の激クリックお願いします!

皆さんのワンクリックが心の励みです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

| ケニア | 05:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

(^.^)

アスファルトGood jobやね!
安定感抜群ッ!

| オーハマ | 2013/05/12 10:38 | URL |

Re: (^.^)

ハマさん

アスファルトがこんなにも素晴らしいとは思いもよりませんでしたよ(笑)

人間ってすげーな!って感心しましたもん。

| サキモージョ ケイチョフ | 2013/05/12 19:13 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://k19840214.blog.fc2.com/tb.php/284-7d1832f4

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。