ONE WEDDING  ONE COUNTRY

伝えるぜ!世界のWEDDING!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

エチオピアのハイライト!ムルシ族!!







皆さんのワンクリックで、

頑張ってブログ更新しております。



1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。



見たよ!!のクリックお願いします。

下記の『世界一周』をクリックして下さい♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




あっ!それと何でも結構なので

コメント頂けるとテンション上がります!

是非、気軽にコメント下さい♪



今日も元気に、ブログランキング参加中♪

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





エチオピアの中で抜群にインパクトの強い民族。

それは、間違いなく『ムルシ族』だと思う。




ジンカから車で2時間程離れた場所でもある

マゴ国立公園の中に住む民族が『ムルシ族』





ムルシ族に会いにいく為には、

車をチャーターしたり、ガイドを付けたり、

セキュリティーの人を付けたりしなきゃいけない。





だから、ムルシ族を見に行くだけでも結構なお金が飛んでいく。

まぁー、見に行きたい!って欲求の方が強いからしょうがない。



そして、朝の5時に出発。

まだ辺りは薄暗い中、チャーターした車で大自然を突き進む。

IMG_6447.jpg






2時間程するとムルシ族の村へと到着。


着いたと同時に、集まってくる大量のムルシ族。





『マネー、マネー』の応酬が凄すぎる!!

というか、正直怖い。

目が¥マーク過ぎる。

たぶん、僕達が歩くお金にしか見えていないっぽい。




村に着いて、15分くらいは写真を撮る事が出来ない。。。


なぜか?




だって、『マネー、マネー』うるさいっちゃもん。

もうー!、せからしか〜!!




( ゚д゚)ハッ!

佐賀弁が出てしまった。。。




とは言え、このままココにいて写真も撮らなかったら

マジで意味が無い。




意を決して、お願いしよう!

『ピクチャー、OK?』

な・なんなんだ!この片言の英語っぷりは。

今時の小学生よりも英語力ないんじゃないか?





すると、群がってくる、群がってくる、ムルシ族。

街角で芸能人が見つかってファンに囲まれてるみたいに、

あっという間に囲まれる僕。

すると、

『私を撮りなさい!』

『いや!私よ、わたし!』

『な〜に言ってんのよ!私に決まってるでしょ!』

ばりで僕の洋服を引っ張ってくるムルシ族の人達。





『わ・わ・わかったよ!じゃー、いくらなの?』

って聞くと、『5ブルよ!』と言ってくるムルシ族。

5ブルと言えば、25円くらい。

高い!高過ぎるぞ!ムルシ族!

バンナ族は2ブルだったのに!





とは言え、値引きも出来なかったので、

写真を撮らせてもらう事に。






皆さん、心の準備はできてますか?


破水しそうな妊婦さんはいませんか?



心臓が弱い方はいませんか?



1人で夜、トイレにいけない方はいませんか?









それでは、行きますよ!










ムルシ族の方々です〜。

どうぞ盛大な拍手でお出迎え下さーい!!



IMG_6462.jpg




IMG_6454.jpg





IMG_6453_20130410171327.jpg








Σ(゚Д゚ υ) イタソウ!!

ムルシ族の女性達は、思春期から結婚へ向かう時に、

唇に「デヴィニヤ」と呼ばれる土器で作った皿をはめ込む。

皿は成長するにしたがって、

だんだん大きなものに換えていくらしい。





ムルシ族の価値観では、

大きな皿をつけているほど美しい女性とされ、

結婚する時の結納に交わされる牛の数も多くなるそう。





まぁー、日本で言うと、

目がパッチリしていて、足が長くて、細くて、

ボンッッッ、キュッッッ、ボンッッッ。

的な感じの女性がモテるのと同じ感覚なんでしょう。





更に、昔、昔。

他の大陸に奴隷として送られる!という過去があり、

自分の容姿を醜くする事で商品価値を無くす!

とい意味もあったそうな。





しかし、ホントに凄い!の一言やな〜。

IMG_6473.jpg




IMG_6455.jpg




IMG_6476.jpg





もうね〜、痛そうで直視出来ないからね!

こんな銃とか持って、こんな顔でいるからビビるわ!

IMG_6456.jpg






とは言え、せっかくなので一緒に写真も撮る事に。

IMG_6459_20130410171322.jpg






子供達とも一緒に。

IMG_6467.jpg






馴染み過ぎっ!(笑)

全く違和感ないやん!





しかし、痛くないのかな?コレ。

DSC_0875.jpg
Photo By Nobu






痛いやろ!絶対に!

DSC_0897.jpg
Photo By Nobu






だ・か・ら!おちょくっとんのか!!

DSC_0845.jpg
Photo By Nobu






ムルシ族の女性達は、唇だけじゃなくて、

耳にも大きなピアス?器?を入れてるからね。

IMG_6463.jpg







凄いよ!ムルシ族!

僕にはマネは出来ないけど、

是非ともこれから先もこの文化を残して欲しいもんです!





で!

写真を見ていて分かる通り、ほぼ女性の写真。

男性はほとんど撮ってくれ!って言ってこない。

なぜか?

それは、女性に写真を撮らせて、

後で、女性からお金だけもうらんだって。





もうー、男性の風上にもおけない存在ですな。

『紳士』っていう言葉とか無いでしょうね。ムルシ族には。





そんなムルシ族もお腹いっぱいになって、

帰りましょうか?ってなったら写真撮影料がめっちゃ安くなる!




さっきまで5ブルとか言っていたのに、

じゃー、3ブルでいいよ!とか2ブルでいいよ!

とか言ってくるではないか!





まぁー、最後の方は『マネー、マネー』が凄過ぎて、

写真撮る気も無くしてしまったんだけどね。

そこが唯一残念な所かな。





でも、こんな民族なんて他にいないし、

エチオピアに訪れたなら見る価値あるよ!






おしまい。









いつも愛読ありがとうございます!

ムルシ族凄過ぎ!の激クリックお願いします!

皆さんのワンクリックが心の励みです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

| エチオピア | 05:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

さすが、ムルシ族Σ(゚д゚lll)
すごい迫力。
あんな姿で、写真撮れっ‼ なんて迫られたら怖すぎる(−_−#)

それにしても、そんなとこまで行くなんてすごいっ!!

お金なんて後で稼げばいいさぁ〜思いっきり楽しんできて☆
そして、また楽しませて下さいなな。


| Akiko Tamura | 2013/04/17 16:38 | URL |

Re: タイトルなし

Akikoちゃん

あの顔で、『マネー、マネー』って迫ってくるのは
マジで怖いよ(笑)

まぁー、いい体験になったんだけどね。
また、他の記事も見てね〜。

| サキモージョ ケイチョフ | 2013/04/17 22:27 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://k19840214.blog.fc2.com/tb.php/273-3bebb2b6

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。