ONE WEDDING  ONE COUNTRY

伝えるぜ!世界のWEDDING!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

エチオピアの南部巡り!シャシャマネへ。





皆さんのワンクリックで、

頑張ってブログ更新しております。



1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。



見たよ!!のクリックお願いします。

下記の『世界一周』をクリックして下さい♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




あっ!それと何でも結構なので

コメント頂けるとテンション上がります!

是非、気軽にコメント下さい♪



今日も元気に、ブログランキング参加中♪

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−






なんだかんだアディスアベバに長居しちゃいましたけど、

これから南部に民族巡りへと行ってきます!



んで、南部の民族巡りをする時に、

民族の方を写真撮影するとお金を請求されるらしい。。。



遠目から撮影する分にはいいらしいけど、

正面からの撮影にはお金が必要との事。



相場は、2ブルから5ブル。(10円から25円)の間。

それも汚いお金は受け取ってくれないらしい。。。



写真を撮る事にお金を払うのは好きじゃないんだけど、

まぁー、民族の方もそれが1つの収入源となっているのが実情で、

僕らみたいなツーリストがいるから生まれた収入源。

って事なわけです。



なので今回は割り切って、

お金を払って写真も撮らせてもらおうかな!と思っております。



そうなってくると細かいお金が必要になってくるので、

銀行に行って、細かいお金に崩してもらう事に。

何件か銀行を回って、よーやく細かい紙幣を大量GET。

IMG_5962.jpg





もう~、気分はお金持ち!!

これでダニ対策もしたし、お金も用意したし、

南部の民族巡りへの準備が整った。



南部はかなりの田舎らしく、

おいしい料理とかも食べれなくなりそうなので、

アディスアベバではピザとかステーキとか食いまくってやりました!



せっかくなので、タイトゥーホテルのブッフェとかも

食べてやったからね!

IMG_5952.jpg





ブッフェなのに確か70ブル(360円くらい)くらいで、

ブッフェの料理が食べれちゃったり出来るから、

物価が安い国って最高すぎるわっ!



身体もゆっくり休めたし、おいしいご飯も食べたし、

準備もバッチリできた事だし、いざ南部へ!!




で!

これから南部の民族を巡るにあたって、

大事になってくるのがマーケットの日。



なぜ、マーケットの日が大事になってくるかって言うと、

民族の人達がマーケットに合わせて自分たちの村から

食べ物や日用品などを売り買いしに出てくるわけです。



って事は、マーケットの日に合わせて村を訪問すれば、

民族の人達がたくさんいる中で賑わっている様子を見る事が出来る!

っていう事。



ただ、僕たちの場合、日程が少し合わなかったから、

民族巡りの前に、シャシャマネへと行く事に。


シャシャマネになにがあるのかと言うと、

ラスタ教の聖地なんです!!




※ラスタ教について
(Wikipediaより抜粋)

1910年代、ジャマイカ生まれのマーカス・ガーベイは

アメリカ合衆国に渡り世界黒人開発協会アフリカ社会連合

(UNIA-ACL)を組織しパン・アフリカ主義を提唱した。




当時、カリブの黒人社会に根強く残っていた

エチオピアニズム(近代になっても植民地化されなかった

エチオピアを黒人の魂の故郷とする考え方)を拡大解釈し、

黒人に対してアフリカに帰ることを奨励した。




ガーベイの主張はアメリカのみならず、

カリブや南アメリカなどの多くの黒人の支持を得た。


カリスマ的な演説活動をするマーカス・ガーベイは、

1927年に

「アフリカを見よ。黒人の王が戴冠する時、解放の日は近い」

という声明を発表する

(この声明はラスタファリズムにおいては「預言」ととらえている)




この予言をした後に現れたのが、

『ハイレ・セラシエ皇帝』




ラスタ教とは、近代エチオピア建国の父、

故ハイレ・セラシエ皇帝をキリストの再来と信じる新興宗教で

奴隷としてジャマイカなどに渡ったアフリカ人を

本土のアフリカへ帰還するための宗教。




簡単に言うとこんな感じっぽいです。





アディスアベバからバスで5時間くらい揺られて、

シャシャマネへと到着。

バスターミナル近くにある宿『Bereket Pension』へ。

IMG_5990.jpg







敷地広っ!!

IMG_5991_20130402201957.jpg






んで、部屋がハンパ無く広い!!

IMG_5992.jpg





14畳くらいあるんじゃない?(笑)

それも1人70ブル(350円くらい)。安っ!

部屋もきれいだし、窓もめっちゃデカいし、

もっとウマくやれば儲けれるだろうに。。。

まぁー、快適宿だったからいいんだけどね!




チェックインも済ませて、

近くのローカル食堂でご飯を食べまして、

せっかくなので、『コーヒーセレモニー』をしてもらう事に。




エチオピアってコーヒーが有名なんだけど、

だいたいどこにでも、コーヒーセレモニーをやってくれる

場所ってのがあって、安くてウマいコーヒーが飲めるんです。




コーヒーセレモニーって言うのは、コーヒーを3杯飲むのが基本で、

1番濃いコーヒーを1杯目に飲んで、1杯目の上澄みを取った後に

水を足し再び煮出して2杯目を飲む。

同じように3杯目を煮出して3杯飲むのがコーヒーセレモニー。




ただ、このやり方で飲むと1時間以上かかるため、

手間を省いて気軽に飲める場所も増えているらしく、

ローカルな場所ならコーヒーセレモニーの気分だけでも

味わう事が出来る所も多い。




まだ、エチオピアに来てコーヒーセレモニーをしていなかったので、

コーヒーセレモニーをしてもらう事に。

IMG_5984_20130402201744.jpg





ちゃんとコーヒー豆を煎る所からしてくれうかと思いきや、

ポットに入れていてコーヒーを温め直してくれただけ!

っていうね。

手抜きかっ!!(笑)

IMG_5988.jpg




まぁー、それでも安くて美味しいんだけどね。

エチオピアに来た際には是非とも!!




おしまい。





『今日の写真達』





・コーラ!!

IMG_5981.jpg





・実はアディスアベバでムルシ族に出会った。

IMG_5980.jpg









いつも愛読ありがとうございます!

見たよ!の激クリックお願いします!

皆さんのワンクリックが心の励みです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

| エチオピア | 05:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

(^.^)

Can I ask you something?

アフリカは何処でも英語は通じるの?

| オーハマ | 2013/04/10 18:43 | URL |

Re: (^.^)

ハマさん

今のところほとんど通じますよ!
って言っても、僕がほとんど喋れていないですけどね。。。

ケニアとかはTVも英語ですし。

| サキモージョ ケイチョフ | 2013/04/10 21:29 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://k19840214.blog.fc2.com/tb.php/266-a3da9ea9

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。