ONE WEDDING  ONE COUNTRY

伝えるぜ!世界のWEDDING!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

憧れの砂漠、サハラ砂漠。







皆さんのワンクリックで、

頑張ってブログ更新しております。



1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。



見たよ!!のクリックお願いします。

下記の『世界一周』をクリックして下さい♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




あっ!それと何でも結構なので

コメント頂けるとテンション上がります!

是非、気軽にコメント下さい♪



今日も元気に、ブログランキング参加中♪

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





フェズを後にして、やって来た場所。

『メルズーガ』


この場所になにがあるのか?


メルズーガは、サハラ砂漠への砂漠ツアーの拠点となる町。




もちろんこの町へやってきた理由はサハラへ行く為。

ちなみに、サハラ砂漠の『サハラ』ってアラビア語の意味で、

『砂漠』って意味があるので、日本語に直すと、

砂漠砂漠っていうトンチンカンな意味になる。



まぁー、別にいいんですけどね。そんな事は。

で!

メルズーガという町がどれくらいサハラ砂漠に

隣接しているかと言うと、こんな感じ。

IMG_5142.jpg




これは、メルズーガで宿泊をした宿の屋上からの眺め。

目の前に広がる砂漠を目にした時には、

テンション上がりまくったな〜。



フェズからは夜行バスでメルズーガまで移動して、

朝の7:00くらいに着いたんだけど、

他にも日本人が2名砂漠ツアーに参加するってことだったので、

ちょっとお昼寝をして僕も参加する事に。



お昼寝をして、砂漠ツアーまで時間があったから

町をウロウロしていると、




(゚д゚)!

ラクダの小屋。

IMG_5144.jpg




なんて、可愛いんだ!お前達!!

ホレてまうやろ〜。



そんな町歩きを終わらせ、16:00になり、

砂漠ツアーの始まり、始まり。



僕たちをお出迎えしてくれて、

一緒に今日の砂漠ツアーを楽しむ仲間達。

IMG_5152.jpg




可愛いすぎやんけっ!!このヤロウ!

って事で、いざ!出発!!

歩き出して、30分くらい経つと夢にまでも見た

サハラ砂漠が目の前に現れる。

IMG_5157.jpg




少し歩けば、色んな表情の砂漠を見る事が出来る。

IMG_5171.jpg


IMG_5167.jpg


IMG_5174.jpg


IMG_5170.jpg



IMG_5172.jpg


IMG_5159.jpg




雲1つ無い青空に、どこまでも続く砂漠。

皆が思い浮かべるような”砂漠”が目の前に広がる。



2時間程、ラクダと一緒に歩いて、

本日の宿泊場所へ到着。



ちょうど、夕日の時間だったから、

夕日を見ようと、目の前にそびえ立つ

めちゃくちゃデカい砂丘へと駆け出す俺。




ガイドをはじめ、現地人から

そこを登るのは止めておけ!と言われる。



ナメやがって。。。

中学校からずっと野球をやってきた俺を見くびるんじゃねー!



この黄金の足の実力を今こそ見せる時が来た!



ダッシュ!!

ダッ、ダッ、ダッ、



IMG_5193.jpg





(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア / \ ア / \ ア



なんなんだ!

この砂丘はっ!!



走れば走る程、砂に足が取られ、

全然、頂上に着かないじゃないかっ!



というか、夕日が沈みそうやんけ!

俺のバカっ!



くそー、こうなれば必殺技を使うしか無い!

秘技、『誰か助けてくれぇぇぇ〜』



と言っても、誰も助けてくれないので、

なんとか、なんとか、頂上へ到着。


んで、登り着いて5分くらいしたら夕日は沈んだしね(笑)


そして、足が笑ってるやん。

もうー、絶対砂丘とか登らない。。。



現地人の言う事は、たまには聞きましょう。

あとで、辛い目を受けるのは自分なので。




とりあえず、頂上に登った記念に、

ポーズだけは決めてやりました!

IMG_5208.jpg
まぁー、この時も足は笑ってるんですけどね。




で、宿というかテントに戻り、

ガイドが作ってくれたタジン鍋をみんなで食べ、

雑談をしながらゆっくりと時間を過ごす。



もちろん、電気も無ければ風呂もトイレも無い。

テントの中は、ロウソクの光のみ。



当たり前に電気を付けたり、暖冷房を付けたり、

テレビを付けたり、お風呂が無い世界。

当たり前のような快適な生活に感謝しなきゃいけないという

思いが頭をよぎる中、便利になればなるほど、

大切な物を忘れているような気がする。



昔なら当たり前に見ていただろう、

こんな満天の星空。

IMG_5235.jpg




月明かりがこんなにも明るく照らしてくれる事。

IMG_5223.jpg




息をひそめれば、聞こえてくるのは風の声。

呼吸をすれば、砂漠の埃っぽい空気を吸い込む。



自然の中に自分の体が溶け込む感じがする。

自然は偉大だ。



月と星が見守る中、

毛布に包まりながら明日の朝日を思い浮かべ、

ゆっくりと寝る事にする。





おしまい。











いつも愛読ありがとうございます!

『サハラ』って砂漠って意味なんだ!

の激クリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

| モロッコ | 06:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ライン川も川川

サハラ砂漠か~行ったことないからウラヤマシ´д` ;
ラクダは酔わなかった?

Take care @ Have a good time.

| オーハマ | 2013/02/26 11:52 | URL |

Re: ライン川も川川

ハマさん

サハラ砂漠は是非とも行って欲しいですね〜。
ほんと、皆が想像する砂漠が広がってるので!

ラクダは酔う暇がないくらい、
揺れて大変でしたよ〜!

引き続き、旅楽しんできます!

| サキモージョ ケイチョフ | 2013/02/27 07:08 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://k19840214.blog.fc2.com/tb.php/244-9c044ca0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。