ONE WEDDING  ONE COUNTRY

伝えるぜ!世界のWEDDING!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ザッハトルテVSザッハトルテ




皆さんのワンクリックで頑張ってブログ更新しております。


1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。




あっ!それと何でも結構なのでコメント頂けると
テンション上がります!是非、気軽にコメント下さい♪




ブログランキング参加中♪


見たよ!!のクリックお願いします。
下記の画像をクリックして下さい♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村






リアルタイムは、ベルギーのブルージュ。

気温がなんと9℃!!

暑いっす!








この前、いたチェコとかガチで寒かった。

ー5℃とかだったもんな。

なんで、チェコより緯度が北極に近い

ベルギーの方が暑いのか謎。







どうも、こんにちは。

誰か天気とか詳しい人いる?

サキモージョです。











さて、オーストリアはウィーンへと

やって参りました。







んで、ウィーンで楽しみにしておいた1つが

オーストリアの代表的なお菓子でもある

ザッハトルテを食べる事。







ただ、このザッハトルテで有名なお店が2つあるんだけど

その2つのお店って言うのが、

『5つ星のホテル、ザッハー』と

『DEMEL』というお店。










しかーし!!

このザッハトルテを巡って甘い7年戦争が

起きたのです。







下記、ネットより抜粋。

--------------------------------------








料理人フランツ・ザッハは門外不出の

オリジナルレシピで作り上げた ザッハトルテを

レストランやカフェで売り出し財を成しました。







その後フランツ・ザッハの息子である

エドゥアルド・ザッハ(Eduard Sacher)が、

オペラ座前に1876年「ホテル・ザッハ」

を開業しました。









数年後ザッハホテルが財政難に陥り、

ウィーンの王室御用達のケーキ店“デメル(Demel)”

が援助を申し入れ、ザッハホテルの 息子と

デメルの娘との間で婚姻関係が結ばれたことから、

援助の代わりに秘伝だったザッハトルテの

レシピ がデメルに流れたと言われています。









二人が他界した後、ザッハホテル側が、

ザッハトルテの商標をめぐる訴訟をおこし

7年間の裁判の末、

ホテル・ザッハのものを「オリジナルのザッハトルテ」

と呼び、デメルのものは、

「 デメル のザッハトルテ」 と呼ぶことになりました。







この論争を「甘い七年戦争」や

「甘い七年伝説」といわれています。






--------------------------------------








という事らしい。

じゃー、現時点でどっちがウマいのか?

みたいなのが気になりまして、

実際に2つのお店に食べに行く事に。







まずは、デメルへ。

IMG_2302.jpg












お店の中は、大混雑。

テイクアウトも出来るし、お店の中でも

食べる事が出来るという事だったから、

カウンター席に座って食べる事に。









そして、注文して出て来た

デメルのザッハトルテがコレ。

IMG_2306.jpg








うーん、美味しいのは美味しいけど

表面のチョコレートでコーティングした部分が

かなり固くて食べづらい。







フォーク刺すときも、『カツッ』って言って

下のスポンジ生地までたどり着きたかったら、

俺様を倒して行くんだな。

みたいに反抗してきたからね。







でも、デメルがお菓子に自信を持っているのが

分かった。

それは、自分達が作っている商品の

キッチンスペースを見ることが出来るように

なっていたから。

IMG_2312.jpg











僕が働いていたホテルもレストランが

オープンキッチンになっていたから

この意味が分かる。







常にゲストから見られているという緊張感。

衛生的にしっかり管理しているという自信。









それだけ、自信を持っている商品なんだろう。







お店の中をちょっと見学した後は、

デメルの味を忘れないうちに

ホテル・ザッハーへ行く事に。

IMG_2333.jpg











ホテル・ザッハーは5つ星ホテル。

普通ならバシッと決めたスーツでオシャレして

行く場所。







だけど、もちろんそんな服を持っていない僕。


ホテルへ入ると、まず洋服を預けなきゃいけない。

IMG_2321.jpg











な・な・なんと!!

荷物預け代、1ユーロ取られる。







別に預ける服なんて持ってないんだけどな(笑)

むしろ、盗られてもそんな問題ないような服しか

旅には持って来ていないしww











んで、席へ案内されてメニューを見ると

めっちゃメニューがシャレオツなわけです。

IMG_2322.jpg











さすが、音楽の都『ウィーン』

メニューが楽譜になってるからね。







そして、お目当てのザッハトルテを注文。

IMG_2323.jpg











生クリーム付きやんけぇ〜!!!

僕の大好きな!生クリームやんけー!!






で、食べてみると。

こっちのザッハトルテは、チョコレートの

コーティング部分が絶妙でサクッとフォークが

刺さる。そして、ウマい。







味は、間違いなくこっちのザッハトルテがウマい。

僕の個人的な感想ですけどね。







という事は、勝者はホテル・ザッハーのザッハトルテ?

ってなるかと思うんですけど、

そうはなりません。







確かに、ザッハトルテだけで言えばホテル・ザッハーが

ウマい。

でも、お店の雰囲気はデメルのカウンター席が

めっちゃいい。

実にいい。








という事で、この勝負は引き分けっす。









でも、他にもたくさんのスイーツがいっぱい

あるので、他のスイーツも挑戦したかったな。







是非ともウィーンへ訪れた際は。










おしまい。









『今日の写真達』









・雰囲気は、デメルの方が好きだな。

 特にカウンター席が好き。

IMG_2308.jpg











・『ホテル・ザッハー』で何を注文するのか

 めっちゃ悩んでたおっちゃん。

IMG_2327.jpg











・街中のゴミ箱とタバコの灰皿一体型。

 形がいいね。

IMG_2266.jpg











・ウィーンの名物料理『シュニッシェル』

 大きさは顔よりもデカい!!

IMG_2283.jpg











・でも、余裕でペロリ。

IMG_2285.jpg











・『シュニッシェル』の有名店。

 『フィーグルミュラー』情報は、こちら。

IMG_2292.jpg











・こんな大きなクリスマスプレゼントもらったら、

 お返しが大変やな。

IMG_2320.jpg













いつも愛読ありがとうございます!
見たよ!の激クリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

| オーストリア | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://k19840214.blog.fc2.com/tb.php/192-c52f033b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。