ONE WEDDING  ONE COUNTRY

伝えるぜ!世界のWEDDING!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アルベロベッロを噛まずに言う日々。





皆さんのワンクリックで頑張ってブログ更新しております。


1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。




あっ!それと何でも結構なのでコメント頂けると
テンション上がります!是非、気軽にコメント下さい♪




ブログランキング参加中♪


見たよ!!のクリックお願いします。
下記の画像をクリックして下さい♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村






最近、知った事シリーズなんですけど、

よくメールとかの文面の最後に

wwってあるでしょ?






あれって、(笑)の短縮系なんだって!!






みんな知ってた???????????






いや〜、僕とかお茶目系男子なんで、

もう〜、誤変換しちゃってダサッ〜とか

思っていたんだけど、ダサいのは

どちらかと言うと、僕の方だった。っていうね。






もう、大きな穴があるなら今すぐにでも

隠れたい!!






どうも、こんにちは。

でも僕は、(笑)派です。

サキモージョ。










アルベロベッロ。を早口で10回言える?










答えは、NOだ!

世界広しと言えど、コレを10回早口で

言える人がいたら出会ってみたい。






なんて、言いにくい場所なんだ。

この名前を噛まずに言うのに2日間かかったしね。






そんな、舌足らずな人にとって困ってしまう

場所が、アルベロベッロ。






この場所は、世界遺産にも認定されている場所で、

町並みがとにかく可愛い場所。

おとぎ話に出てくるような町並みになっている。






バーリという港町から電車で1時間30分ほどで

来れる場所なので、日帰りでも来れる場所。






ただ、僕たちが行った日は雨。

あめ、雨、アメ、飴。

ただでさえ町並みが白い建物なのに

空が白かったら、ダメやろうもん!!






なして、天気の神様は曇りとかにするっちゃか!






あっ!すみません。全世界ネットなのにも

関わらず、佐賀弁が出てしまった。。。






まぁ〜、それぐらいショックだったという事。






という事で、雨脚が弱まった時を見計らって

アルベロベッロの町並み散策に。

IMG_0515.jpg










そこには、おとぎ話の世界に出てくる町並みが。

女の子は間違いなく好きな場所。






そもそも、なぜこの場所はこんな屋根の

家作りをしたのか?

気になったので、ちょっと調べてみた。

簡単に説明すると、






まだ、この場所がこの家作りに

なっていなかった時に、

この場所を治めていたナポリの王様が

伯爵を送り込んだ。






んで、ナポリの王はこの伯爵から

家の数によって税金を取っていた。






だけど、伯爵は税金をごまかす為に、

すぐに解体出来る家作りをするように命じた。






伯爵『ナポリ王からの命令でこの地を仕切る事に

   なった伯爵です〜』


伯爵『今日からこの場所はすぐ解体出来る家作りを

   するように!!よろしく〜!!』


村民『えっ?伯爵それってどういう事っすか?』


伯爵『どういう事っていうか、家の数だけ税金を

   ナポリ王に渡さないといけないから、

   すぐ解体出来るようにしといてちょうだい〜』


村民『そりゃないっすよ〜。。。。。』






こんな感じで、アルベロベッロ村民は国の役員が

来る度に、毎回、毎回、家の屋根部分を

取り壊し、これは家で無い事を主張していた。






役人『あのさ〜、伯爵〜、この場所って屋根無しの

   建物多くねぇ??』


伯爵『そうっすか?ミラノではこういう建築方法が

   流行っているらしいっすよ!』


役員『そうなの〜?伯爵、最先端いってるね〜』


伯爵『そりゃ、村民のため、ナポリ王の為ですから〜』






そんな感じのやり取りの中、いつも苦汁を

飲まされるのは、村民。







そこで、村民も考えた。






よし!すぐ、屋根取り外せるタイプを作るっぺ。






たぶん、こういうやり取りは無かったと

思うんですけど、当時の村民達が知恵を

振り絞って出来た建物がこの建物。

IMG_0540.jpg










もう、傍から見たらこの建物の区別とか

付きにくくて、屋根に模様を入れている

家が多かった。

IMG_0541.jpg










諸説あるみたいだけど、呪術的な意味や

隣の建物と区別する為だったとか。






この場所は、歩いているだけで楽しい場所。

IMG_0559.jpg










IMG_0520.jpg









町自体はとても小さい場所なので

日帰りでもいいし、1泊してゆっくりしても

よさそうな場所。






次回、訪れる事があるなら、

是非とも晴れた日に来たいな。






おしまい。






『今日の写真達』






・イタリアのおじいちゃん。

IMG_0579.jpg






・地下鉄での演奏風景。オシャレかっ!!

IMG_0509.jpg






・お土産、トゥルッリ。

IMG_0554.jpg






・めっちゃ可愛い鍋掴み。

IMG_0552.jpg






・広場にある木がアートだった。

IMG_0575.jpg






・昼間は人居ないけど、夜になると多くなる。

IMG_0572.jpg






・じいちゃん達は、いつもカードゲーム。

IMG_0585.jpg






・やっぱ、町並みが可愛いよね。

IMG_0610.jpg






・うん、可愛いと思う。

IMG_0605.jpg






・個人的に1番好きな写真。

IMG_0529.jpg












いつも愛読ありがとうございます!
見たよ!の激クリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

| イタリア | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://k19840214.blog.fc2.com/tb.php/173-3496f916

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。