ONE WEDDING  ONE COUNTRY

伝えるぜ!世界のWEDDING!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

世界1 美しい霊廟。タージ・マハル


♪これが噂の素敵クリック♪

世界一美しい!!と思った方

面倒だけど、下記の画像を1クリック!



皆さんのワンクリックで頑張ってブログ

更新しております。


1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。



あっ!それと何でも結構なので

コメント頂けるとテンション上がります!

是非、気軽にコメント下さい♪



ブログランキング参加中♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村












インド料理に飽きた。

カレーなんて、カレーなんて、

カレーなんて・・・






というか、お腹をこわしている時の

カレーはツラい・・・





ちょうど、日本食も恋しくなっているので

アーグラには日本食あるぜ!っていう看板が

多いので、テンション上がりながら

入ってみると・・・


IMG_5936.jpg






おぉぉぉぉぉぉぉ〜!!!!!!





日本料理だー!!!!!






んんんん????





CHA-MAN???

なにそれ??

チャーハンの事?





OKAYO???

えっ?ヒップホップ的なおかゆ?の事?






ともあれ、日本食が食べたいので、

OYAKODONを食べてみる事に!!





OYAKODONかぁ〜、

テンション上がるな〜





( ^ω^)ワクワク





お店の人が、料理を持ってくる。






出された、料理がコレ。

IMG_5935.jpg





おや?





どの辺が、丼なのかな?





それなのに、店の親父がどうだ!うまいだろ!

みたいに、言ってきたから

体育館裏に呼び出してボコボコにしときました。






どうも、こんにちは。

海外の日本食は外れが多いぞ!

サキモージョです。





さて、色々と調べ物とか今後のルートとかを

考えていたら、夜中の2時を過ぎており

このまま寝たら、絶対に起きれないと

思ったので、一睡もせずにタージ・マハルへ向かう事に。





タージ・マハルも1人で見に行くのか〜

とか思っていたら、ちょうど宿に着いた

日本人のケンを誘って、一緒に見に行く事に!!






朝の5時30分過ぎに宿を出る。

まだ、辺りは薄暗い。





眠い目を擦りながらチケットを購入し

6時の開門まで待つ事に。





念入りな、荷物チェック。






そう言えば、後で会った日本人の

学生のやつがバックの中に

コンドーム入れてて、荷物チェックの

インド人が爆笑していたらしい。






もちろん、僕はそんなの入れていないけどね。






というか、インド人、男性、女性と列に

分かれているのに、チケットをチェックするやつが

1人しか居ないから、めっちゃ遅い。





なんとか、無事チェックも終わり

目の前に飛び込んできた

タージ・マハルがコレ。

IMG_5950.jpg





朝日に照らされたタージ・マハル。

ホントに綺麗だ。






タージ・マハルとかベタな場所だし

そんなに感動しないと思っていたけど

来てよかったと心から思える場所だった。





この日、僕はバックパックの奥に

詰め込んでいた1つのアイテムを

着て、この場所を訪れた。






世界1周をしているから今年は

墓参りが出来なかったから

タージ・マハルにお墓参りを

する事に決めていた。





浴衣を着てね。

IMG_5984.jpg





この旅で、初浴衣。

浴衣を着ると、日本に居る錯覚になるんだよね。





浴衣を着ての、タージ・マハル。

最高に気持ちがよかった!!




日本人に生まれてホントに良かった。







そもそも、タージ・マハルとは・・・


ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが

愛妃のために22年の歳月を費やして建てた

白大理石の世界一豪華な墓。





ここで、詳細を全て書いていたら

話が長くなるので割愛しますが

22年の歳月をかけて建てた

お墓にも関わらず、アーグラー城に

自分の息子から幽閉され、どんな思いで

このタージ・マハルを見ていたのか?

IMG_6032.jpg






そんな事を考えながら見ると、

タージ・マハルの魅力が更に、

悲しみをおびて、より一層キレイに見える。






そんな余韻に浸りながら

タージ・マハルを後にして、

宿へ戻り、朝食を食べる事に。






ちょっと、疲れていたから

昨日の日本料理でも食べようかと

淡い期待を胸にSIO-YAKI-SOBAを注文する。


IMG_6008.jpg




どの辺がSIO-YAKI-SOBAなのか?

色味は、どう見てもソース味だろ。

そんなツッコミを入れながら口に運ぶ。





塩・コショウが利きすぎていて、

1ミリも美味しくない。





それなのに、お店の親父が、

どうだ!うまいだろ!って言ってきたので、

その辺の川に流してやりました。





インドの料理に期待した僕がアホなわけです。





だれか、日清焼きそばを送って下さい。。。






おしまい。







お写真たち。

IMG_5991.jpg






IMG_5970.jpg





IMG_6077.jpg






IMG_6082.jpg






IMG_6018.jpg





IMG_6025.jpg












♪これが噂の素敵クリック♪

タージ・マハル。キレイと思った方

面倒だけど、下記の画像を1クリック!



皆さんのワンクリックで頑張ってブログ

更新しております。


1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。



あっ!それと何でも結構なので

コメント頂けるとテンション上がります!

是非、気軽にコメント下さい♪



ブログランキング参加中♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村













スポンサーサイト

| インド | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://k19840214.blog.fc2.com/tb.php/110-5fab3b04

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。