ONE WEDDING  ONE COUNTRY

伝えるぜ!世界のWEDDING!

<< 2014-11- | ARCHIVE-SELECT | 2015-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

途方も無いプロジェクト














皆さんのワンクリックで、

頑張ってブログ更新しております。



1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。



見たよ!!のクリックお願いします。

下記の『世界一周』をクリックして下さい♪

(世界1周ブログのサイトに飛びますが、

クリック詐欺とかじゃないのでご安心を。)


※PCの方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




※スマホ、携帯の方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 世界一周





あっ!それと何でも結構なので

コメント頂けるとテンション上がります!

是非、気軽にコメント下さい♪



今日も元気に、ブログランキング参加中♪

---------------------------------------









誰が言い始めたのかは知らないけど、

いつの間にか、噂が広まり過ぎて、事実のようになっている事なんて、

この世の中腐る程ある。





噂の1人歩き。

今日は、そんな場所へ遊びに行ったお話。






『バッセルトン桟橋』


この場所は、ジブリ映画『千と千尋の神隠し』で、

海の上を走る電車に乗って、千尋が銭婆に会いに行くシーンの

モデルと言われている場所。





バッセルトン桟橋に着くと、すぐに桟橋が見えて来た。

IMG_0324.jpg














バッセルトン桟橋は、約2kmほどもある。

その長い桟橋が海の上に建っているわけなんだけども、

海の上をこれだけ長い距離歩けるのは楽しい。

IMG_0363_20141228114559c92.jpg














今までには、無い感覚。

これだけ海の上を歩くなんて、もちろんやったことないから。

そして、桟橋の上にあったレールは、

いまは、観光用としてたくさんの観光客を乗せて走っている。

IMG_0355.jpg














元々は、捕鯨船などへの資材運搬用に利用されていた場所で、

1865年に建設が開始され、全てが完成するのに、

95年の歳月を費やした桟橋。


多くの人と多くの時間を費やした。


当初計画した時は、たくさんの反対とかもあったんだと思う。

親子3代に渡って作った家族もいたに違いない。


親から子へ、子から孫へ。


そうやって、当時の人達はバッセルトン桟橋が出来るのを

心待ちにしていたに違いない。

IMG_0333.jpg












千と千尋の神隠しを始めて見たとき、

海の上に列車が通ったらすごいなだろうなー

って思った事がある。



でも、現実の世界にあるわけが.......


そんな非現実な光景がこの場所には広がっている。







世界は、自分が想像もつかない場所がまだまだ広がっている。

IMG_0361.jpg













おしまい。










いつも愛読ありがとうございます!

見たよ!の鬼クリックお願いします!

最近、クリック数激減でガラスのハートにヒビが。。。

皆さんのワンクリックが心の励みです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

| オーストラリア | 11:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

シェアハウスのススメ。














皆さんのワンクリックで、

頑張ってブログ更新しております。



1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。



見たよ!!のクリックお願いします。

下記の『世界一周』をクリックして下さい♪

(世界1周ブログのサイトに飛びますが、

クリック詐欺とかじゃないのでご安心を。)


※PCの方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




※スマホ、携帯の方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 世界一周





あっ!それと何でも結構なので

コメント頂けるとテンション上がります!

是非、気軽にコメント下さい♪



今日も元気に、ブログランキング参加中♪

---------------------------------------









『もうー、シドニー飽きたな』この言葉を心の中で、何回呟いた事か。

だけど、いざ慣れ住んだ街を離れるとなると、

寂しくなるもんなんだよね。




だって、なんだかんだ合計1年ちょっと住んだ場所。

そんなシドニー。



ほとんどの時間は、これからの旅資金を稼ぐ為の仕事に費やし、

あとは、慣れ親しんだシェアハウスに費やした。


この2つの場所がシドニーでほとんどの時間を費やした場所。



家に帰れば色んな人種が集まるシェアハウス。

IMG_9875.jpg


















ブラジル人、コロンビア人、フランス人、韓国人、インドネシア人.....

色んな国と共に生活すれば楽しい事もあれば文化の違いから

ムカつくな!と感じる事だってたくさんある。



毎日、毎日、キムチを食べる韓国人。

俺もキムチは嫌いじゃない。

でも、毎日、毎日、キムチの匂いを嗅ぐのは辛い。


キムチを食べるのはほどほどにして下さい。





イスラム教のインドネシア人。

毎日、5回お祈りをしなければいけないのは分かるけど、



夜中に家に帰って来た時に、真っ暗闇の中、

メッカの方向に向かって、お祈りするのはやめましょう。


初めて見たとき、黒い影だけが動いているように見えて、

海外で幽霊見るとかありえねー!ってマジでビビりましたから。





意外とシャイなブラジル人。

ベットで1度に寝返りをうつ回数が人の5倍もあるあなた。

何かに取り憑かれているのではないかと思ってヒヤヒヤしたもんです。






ぶっ飛びまくっているスコットランド人の女の子。

どこ構わず、歌い出すクセは心から尊敬します。


家の中で歌いまくって近所からクレームが来たとき、

道を一緒に歩いている時にいきなり歌い出すとき、

Barで飲んでいる時に、PVよりも本気のダンス付きで歌うあなたは、

うるさいとかそういう次元を越えていて、

1人のエンターテーナーの振る舞い。

心から尊敬します。






左が1番仲良かったブラジル人と眉毛が両さんみたいに繋がっている

コロンビア人。

IMG_0304_20141218192128c16.jpg












言っている英語が早過ぎて、あんまり分かんなかったけど、

歌がめっっちゃくちゃ上手いスコットランド人。

IMG_0307.jpg













日本大好きなフランス人。

IMG_9893_20141218192040629.jpg














みんなでBarにお酒を飲みにいったり、

IMG_0601.jpg














いきなりカンガルーの服を着させて来たり、

IMG_0623.jpg













男だけで飲みに行ったり、

IMG_0651.jpg














いやー、楽しい想い出がたくさん出来た。

もちろん、理解出来ないなーって思う文化の違いもある。


でも、そんなのを全部ひっくるめたとしても、

お酒を飲んだり、みんなでご飯を食べたり、

お互いの国の文化を話したりするのは面白い。





日本人だって、生まれた場所が違えば文化も違うし、

方言だってあるし、食文化や生活スタイルだって違う。




それが、海外の人ともなれば言葉も違うし、宗教も違うし、

国の政治的な位置関係も違う。




でも、結局は1人の人間。



肌の色、性別、言葉、宗教、年齢........

色んな物を取り除いてしまえば、1人の人間でしかない。






世界の人がみんな兄弟に見えてくる。


他の人にも優しくしてあげたいと思えてくる。



『人生1度きり』


よく耳にする言葉。



悔いの無い人生とは何か。


子供の頃に想像していた大人になっている奴なんてほとんどいない。



だからこそ、考えて、模索して、面白い人生を楽しむ努力が必要なんだ。





多国籍なシェアハウス。

もしも、経験出来るのであれば日本人全員に体験して欲しい。



多国籍なシェアハウスに住んだからこそ、

他の国の政治や国の状況に興味が出て来た。



多国籍なシェアハウスに住んだからこそ、

他の国の人が日本を好きなんだ!と言う事が分かった。



多国籍なシェアハウスに住んだからこそ...........





もう年だから.......




自分にはハードルが高過ぎるから........




今の仕事が辞めれないから...........




恋人が日本にいるから.........






結局行く人は行くし、行かない人は行かない。

そうやって、世界は回っている。




でも、

『もし、あなたの寿命が1年しかないとしたら』





後悔の無い1年にしたいと願うなら。




1歩踏み出す勇気は意外と自分の奥底に眠っているのかもしれないね。






おしまい。



『シドニー生活のおまけ』




仕事場の子が高校の英語教師と分かれば、

デザートをおごるから英語を教えてくれと懇願したり、

IMG_9871.jpg















ハロウィンともなれば、仮装しながら営業したりもするし、

9470_677387905702056_5009242331691635642_n.jpg














休みの日が暇となれば近くの市場に魚を食べに行ったりもする。

10675763_677389579035222_3440661072994840649_n.jpg






















いつも愛読ありがとうございます!

見たよ!の鬼クリックお願いします!

最近、クリック数激減でガラスのハートにヒビが。。。

皆さんのワンクリックが心の励みです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




| オーストラリア | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ご利用は計画的に。














皆さんのワンクリックで、

頑張ってブログ更新しております。



1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。



見たよ!!のクリックお願いします。

下記の『世界一周』をクリックして下さい♪

(世界1周ブログのサイトに飛びますが、

クリック詐欺とかじゃないのでご安心を。)


※PCの方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




※スマホ、携帯の方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 世界一周





あっ!それと何でも結構なので

コメント頂けるとテンション上がります!

是非、気軽にコメント下さい♪



今日も元気に、ブログランキング参加中♪

---------------------------------------













ボク達、男3人組は疲れていた。

1泊2日の弾丸旅行。




体育系のボク達は、1日中メルボルンの街中を歩き回ったせいか、

宿に戻ると、いつの間にか3人とも熟睡していた。





朝起きると、チェックアウト時間ギリギリになっている。

慌てて、荷物をまとめてチェックアウトをする。

男3人組だから荷物をまとめるのにも時間がかからない。




帰りの飛行機のフライトまで残り8時間。

重いとは言えない荷物。


ただ、この荷物を8時間も持ち歩くのは正直しんどい。




ボク達は、話し合った結果、

図書館のロッカーに荷物を預ける事にした。




荷物を預け、身体も心も軽くなったボク達の胃袋は悲鳴を上げていた。

どんなに疲れていようが、どんなに悲しくなっていようが、

どんなに怒っていようが、お腹は減る。



人の身体は正直者。





せっかくシドニーからわざわざメルボルンまで来たボク達。

いい雰囲気のカフェを探すべく、また街中を歩き回る。

昨日の疲れなんて関係無い。




いま、目の前にある欲求のためだけに全力を尽くす。

時間は限られている1泊2日の弾丸旅行。

疲れを言い訳に妥協はしたくない。



疲れなんて、明後日に持ち越してやる。


疲れの後払い。

そのまま、不良債権にしてやるから覚悟しとけ!



それぐらいの心意気。

20代前半の若者にまだまだ負けるわけにはいかない。



三十路の意地みせちゃる!



そんな事を、今、書きながら、

テレサテンの『時の流れに身をまかせ』を聴いている。




僕が2歳の頃の歌。

田舎のスナックに行ったら、誰かが歌ってる名曲。


僕の地元のスナックに行くとスナックのママが歌っている。

そんな名曲。


スナックに来ていたお客達もいつの間にか話す事をやめ、

ママの歌声にそっと耳を傾ける。


そんな名曲。





おっと!

話が、メルボルンの弾丸旅行からスナックの話になってしまった。


このままでは、富士の樹海に迷い込んでしまいそうなので、

話を戻しましょう。








色々と歩き回った結果、

最初に荷物を預けた図書館に併設してあるカフェに行く事になった。






オシャレにスクランブルエックとサーモンにコーヒーのセットを注文。



めちゃくちゃ美味しい!

ってわけでも無いんだけど、美味しく感じる。




優雅な朝食を食べると1日の始まりの気持ちがとてもいい。

なんだか、これから始まる1日がすごく充実する気がする。



やっぱり、食事って大事だな。

改めて考えさせられた。




朝食を食べた後にも、カフェ巡りは続く。

朝食する場所を探している時に、偶然見つけたオシャレなカフェ。


店から漂うオシャレな雰囲気。

雰囲気に合わせて、素敵に響くBGM。



自分の嗅覚がこの店は間違いない。と訴えかけてくる。

そんなお店。




ふらっと男3人で立ち寄って、コーヒーを飲み、

さらに、街をブラブラと歩く。




飛行機の時間まで、残り2時間15分。

ちょっと小腹が空いたボク達は、オシャレなお店が並ぶ通りを歩く。




どのお店も美味しそうな雰囲気がしていて、

どこに入るのか迷ってしまう、





ハンバーガーやらステーキを注文し、料理を勢い良く平らげる。

しかし、1人だけ注文した料理が一向に来ない。



まさかと思い、店員に確認すると注文されていない。

ただ、今から注文していると飛行機に乗り遅れてしまう。



しょうがない。

こういう小さなトラブルは旅につきもの。



割り切って、諦めるしか無い。

なんだかんだ、お店選びと食事で意外と時間が経過してしまった。





飛行機の時間まで残り、1時15分。


メルボルンの市内からタクシーを使えば飛行場まで30分程。

今からタクシーをすぐ捕まえれば、余裕で着くはず。


国内線だし大丈夫でしょう。




旅人として、

1年間世界を放浪していたい僕が言うんだから間違いない。




って事で、早速、タクシーを捕まえようとする。

だけど、一向にタクシーが捕まらない。



手を挙げても、スルー。


マクドナルにも負けない最高の笑顔をするも、スルー。




あれっ?

結構、やばくない?




時間だけが刻一刻と過ぎていく。


その瞬間!!

1台のタクシーが停まってくれた。

( ´ー`)フゥー...


これで、一安心。



タクシーの親父に飛行場を伝えようとするが飛行場の名前が出て来ない


うーん。

なんて名前の飛行場だったっけかな?


メルボルンは2つ飛行場があるんだよなー。

なんて思っていたら、タクシーの親父がボク達の状況を察したのか、

どこのエアーラインか聞いて来たので、答える。



すると、『任しとけ!』ばりの返事が返って来た。


( ´ー`)フゥー...


これで、一安心。




そうだ!

タクシーの親父にもう1つ大事な事を伝えなければ!


俺『親父、飛行機の時間があと1時間だから飛ばしてくれ!』


親父『えっと、渋滞してるからその時間には着かないぜ!』


俺『また、またー。頼むよー。ぶっ飛ばしてくれよー。』


親父『うーーん、急ぐけど無理だぞー』



えっ?!

そんなに渋滞してんの?



困ったなー。

まぁー、とりあえず出来る事は何も無いしなー



そんな事を考えてながら、他の2人へと目を向けてみる。



2人とも瞑想しているではないか。




そっか、そっか。


飛行機に間に合うかどうか心配で、

目をそっと閉じて考え事でもしているんだな。



ちょっと待てよ!

なんで瞑想をしながら、ヨダレを垂らしているんだよ!



おい、おい。

なにをカックン、カックン、してんだよ!


完全に爆睡かよお前ら!!



そんな車内。

気がついてみれば、丁度飛行機が出発する時間に空港に到着。



ですよねー。

やっぱり、タクシーの親父の言う事は間違いないよねー。



とは言え、今日中にはシドニーに帰りたい。

まぁー、メルボルンからシドニーだから飛行機の便はまだあるでしょう



って事で、受付のオネエちゃんにいきさつを話す。


俺『飛行機に乗り遅れたんだよねー。』


受付『Σ(゚Д゚;)アラマッ そうなのね。乗り遅れたチケット見せて。』


俺『はい。これがチケットだよ。』


受付『あら?アナタ達の飛行場はココじゃないわよ。』


俺『゚(∀) ゚ エッ?』


俺『あのタクシーの親父適当に連れて行きやがったな.....』


受付『でも、ココからでも帰れるから安心して。』



俺『なんなんだ!この安心感は.... え・エンジェルや。』




そんな一騒動ありながらも、

追加料金を払い無事に飛行機のチケットをGETでき、

予定よりは遅くなったけど、無事にシドニーへ。




旅に小さなトラブルは付き物。


ブログをやってる僕なんかは、そのトラブルも面白いネタになる。




逆に全てが順調に予想していた通りの動きだったら、

物足りなく感じるはず。




1泊2日の男だけの弾丸旅行。

久しぶりの旅行は、日本を飛び出した時のドキドキ感と似た物を

味わう事が出来た。


だから、旅は面白い。




おしまい。





『おまけの写真』

・図書館横に併設されているオシャレなカフェ。

IMG_0267.jpg














・オシャレな朝食は1日の始まりを気持ちいいものにしてくれる。

IMG_0270_20141212190744f4d.jpg














・新聞紙を使って作られた椅子なんかがあるオシャレなカフェ。

IMG_0282_201412121907440a6.jpg













・そこのコーヒーが1番好きな味だった。

IMG_0289.jpg













・男3人でオシャレなカフェを満喫

IMG_0290_201412121907466ec.jpg













・図書館前の芝生でみんなゴロゴロしたり、読書したり。

IMG_0292_201412121910133a9.jpg

























いつも愛読ありがとうございます!

見たよ!の鬼クリックお願いします!

最近、クリック数激減でガラスのハートにヒビが。。。

皆さんのワンクリックが心の励みです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




| オーストラリア | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ついつい街歩きしたくなる街










皆さんのワンクリックで、

頑張ってブログ更新しております。



1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。



見たよ!!のクリックお願いします。

下記の『世界一周』をクリックして下さい♪

(世界1周ブログのサイトに飛びますが、

クリック詐欺とかじゃないのでご安心を。)


※PCの方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




※スマホ、携帯の方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 世界一周





あっ!それと何でも結構なので

コメント頂けるとテンション上がります!

是非、気軽にコメント下さい♪



今日も元気に、ブログランキング参加中♪

---------------------------------------











『とりあえず、メルボルンでも行っとくか......』




なんだか、モヤモヤしている自分がいた。

これは、完全にシドニーにマンネリしているな。




たくさんの人で街中はゴミゴミしていて、

アジアンで溢れかえっているシドニー。


東京となんら変わらない風景。

(東京には3回しか行った事無いけど。)




たくさんの人。



たくさんの高層ビル。



全てが簡単に手に入る環境。




何不自由しない街。



その便利さがかえって

自分自身を不自由にしているように感じてしまう。






そんな事を考えていたら、他の街を見てみたくなった。


『とりあえず、メルボルンでも行っとくか......』





って事で、やって参りました。

メルボルン。




久しぶりの旅行。

テンションの上がり方がハンパ無い。




目に映るもの全てがキラキラ輝いて見える。

全てがオシャレに見えてしまう。

路面店のお花屋さんを見るだけで、シャッターを切る自分がいる。

IMG_0167.jpg












修学旅行の時に無駄にお土産を買う感覚と同じ。


とりあえず、

自分がこの場所を訪れたんだ!という爪痕を残そうとしている。







だってね、雰囲気がいいんですよ、街自体の。

好きだなー。この感じ。


オシャレなcafeもたくさんあるから、コーヒー好きにはたまらないし。

IMG_0179_20141129173915a85.jpg



IMG_0181.jpg



IMG_0183.jpg















グレートオーシャンロードなんて行きません。

街歩きだけでいいんです。





街の中を歩けば、歩いた分だけ、その街の事を知る事が出来る。

ついつい散歩したくなる街。


それが、メルボルンのような気がする。





たくさんの路地が入り組んでいて、



たくさんのcafeが街中に溢れていて、



レトロな建物が街の雰囲気を柔らかい雰囲気に変えてくれる。







そんなオシャレな街に男3人で来てしまうとは......

IMG_0247.jpg













次回へ続く。

次回、男だけの1泊2日メルボルンの旅の最後に衝撃の結末が!!





おまけの写真達。










街中を走る路面電車も風情を演出してくれる。

IMG_0205.jpg














図書館もオシャレ。

こんな図書館ならいつでも勉強しに行きたくなる。

IMG_0206.jpg














魔女の宅急便のモデルにもなったと言われる時計。

IMG_0217.jpg



IMG_0221.jpg












一歩路地裏に入れば、落書きだらけのストリート。

IMG_0226_20141129174206d45.jpg



IMG_0227_20141129174207653.jpg



IMG_0231_20141129174508ff5.jpg




IMG_0233_2014112917450504c.jpg
















街中に突如現れた、黄金の豚。

IMG_0236_20141129174505a12.jpg














メルボルンの夕日もキレイな夕日だった。

IMG_0256_2014112917450812b.jpg






















いつも愛読ありがとうございます!

見たよ!の鬼クリックお願いします!

最近、クリック数激減でガラスのハートにヒビが。。。

皆さんのワンクリックが心の励みです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




| オーストラリア | 07:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。