ONE WEDDING  ONE COUNTRY

伝えるぜ!世界のWEDDING!

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

まさか?幽霊?いや!そんなはずはない。。。




皆さんのワンクリックで頑張ってブログ更新しております。


1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。




あっ!それと何でも結構なのでコメント頂けると
テンション上がります!是非、気軽にコメント下さい♪




ブログランキング参加中♪


見たよ!!のクリックお願いします。
下記の画像をクリックして下さい♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







いやー、この前の宿での出来事なんですけど、

疲れて宿に戻り、寝ようかとするんだけど

なかなか寝付けない。



んで、寝れないもんはしょうがないなー

なんて思いながら携帯を見ていると、

斜め下に寝ているおっちゃんが

英語でなんか言って来る。






えっ?

俺の事?






とか思いながら、英語なんでなんて言っているかも

分からず、携帯の照明が眩しいのかな〜

なんて思いながら、布団を被る。





そして、五分後にまた英語で言ってくる。








うそー?

俺の事?






とか思いながら、聞き耳をたててみると

どうやら会話を繰り広げている。



なんだよー。

俺に何かを言っていたんではなくて

携帯の会話かよ!



もうー、俺に何かを言っていたと思って気使ったし、

とか思いながら寝ようとする。




しかーーーーし!!

会話があまりに大きい声なので

全然、寝る事が出来ない。



時間も時間なんだから電話するんだったら、

部屋から出て、電話してよね〜。。。

なんて思いながら寝ようとする。



そう!

頑張って寝ようとする。



でも、笑い声もあり、ときおり大きな声ありの為

全然、寝る事が出来ない。



そして!

いきなり!!







ガァー、ガァー、ガァー!!








ん?

イビキ?







さっきまで、あんな大きな声で

会話を繰り広げておきながら、

いきなりのイビキとは・・・



どんだけ寝付きがいいねん!!



いやー、でもこれでようやく寝れる!

とか思ってたら・・・







また、英語で会話が繰り広げられる。







まさか?!


でもなー。


いや、いや、それはない。ない。


さすがに。






とか思いながら、意を決して、

会話を繰り広げているおっちゃんに

一言、もの申そうと2段ベットの

上段から斜め下のおっちゃんのベットを

見てみると!!







な・な・なんと!!














おっちゃんの寝言だった。










工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工










て事は、俺になんか話しかけていたと思っていた事とか、

携帯の会話だと思っていた事とか、

小1時間程の内容は全て寝言?!







いやー、今まで何人も寝言を見て来た!

でも、ココまでスゴいのは初めて!!







何を隠そう、僕自身が昔は

夢遊病じゃね?

みたいな怪奇現象の数々をやらかした事が

ある本人ですけど、たぶんあそこまで

スゲーのはやった事無い。







んで、次の日の朝に目が覚めると

そのおっちゃんの姿は無く、

チェックアウトをしていた模様。






ま・ま・まさか!!

幽霊?!






いやー、それはないだろう。

たぶん。






だって、あんなにスゴい会話してたし・・・

それに、ベットを使用した形跡もあるし・・・







たぶん、本物の人だった。

そう、思ふ。








というご報告です。







おしまい。













いつも愛読ありがとうございます!

幽霊なんかじゃない!の激クリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

| ドイツ | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ドイツで荷物発送!!からのタヘレス。





皆さんのワンクリックで頑張ってブログ更新しております。


1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。




あっ!それと何でも結構なのでコメント頂けると
テンション上がります!是非、気軽にコメント下さい♪




ブログランキング参加中♪


見たよ!!のクリックお願いします。
下記の画像をクリックして下さい♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







そう言えば、世界1周したいなー。とか

思っていた時に、友達と外人が集まる

BARへと行った事がある。



その時は、福岡に住んでいたから

福岡にあるBARへと行ったんだけど、

そもそも福岡にいる外人なんてめっちゃ少ない。



だから英語に対する抵抗とかが結構あって、

喋れるかどうかめっちゃ緊張して

BARへと向かった。



友達は高校から大学までアメリカへ

行っていたやつだから、ペラペラ。



んで、すげー緊張しながらBARで

注文をする事に!!







僕『Can I have Corona.』




店員『OK』







30秒後。。。










店員『Hi Coke』








工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工








僕『 Corona Please!』

を5回くらい言って、なんとかコロナビールGET!








(´Д`)ハァ…









どうも、こんにちは。

ホント、人って成長するもんです。

あんな僕も今ではコロナくらい

余裕で頼めるはず!サキモージョっす!








さて、僕のバックパックが悲鳴を上げている。

いい加減、荷物送らなきゃなー

なんて思っていたんだけど、



ヨーロッパはどこが安いんだろうと思っていると

ドイツでの荷物発送は安いらしい。。。



そんな情報をGETしたので、早速荷物を

発送する為に、郵便局へ!







んで、荷物どれくらいあるのかな〜

なんて思いながらも、ダンボールへ梱包して

計りに乗せてみると。

IMG_3207.jpg












うそー!

7.2kg!!

IMG_3208.jpg











そんなにバックパックの中に詰まっていたなんて、

そりゃ、重いと思ったわ!!



ちなみに、料金は7.2kgで59€。

ドイツからは船便が無いので飛行機で

コレくらいの値段なら安いかも☆



そもそも、なぜ荷物を送りたかったかと言うと、

この後、イギリスやフィンランドへLCCで飛ぶ時に

荷物の容量で追加料金が発生しちゃうから、

その料金を考えると送った方が荷物も軽くなるし、

安くすみそうだったから送っちゃう事にした。



あとは、無事に荷物が届いてくれるだけやな!!








さて、荷物発送という大きなイベントを

終わらせたので、タヘレスへ向かう事に。



タヘレスってどんな場所かと言いますと、

もともとは、20世紀前半に建てられた大型でパートに

ベルリンの壁が崩壊後、ヨーロッパ中のアーティストが

勝手に住み着いちゃた場所。



その後、アーティストの為にアトリエやブティックや

劇場として格安で貸し出されていた場所。



言うなれば、ボロボロの廃墟なんですけど

ベルリンのアートを見たかったから行ってみる事に!



すると、

な・な・なんと!!









閉鎖されていた。。。







いやー、楽しみにしていた場所なだけに

残念だなー。



閉鎖されたタヘレスのビル。

IMG_3260.jpg










いまは、完全に入る事も出来ないタヘレス。

IMG_3244.jpg











で、残念だな〜!なんて思いながら、

建物の回りをウロウロしていると

何やら、ヒップホップがガンガン聞こえて来る!



まさか〜?

と思いながら進んで行くと、まだかろうじて

残っているアーティストが作品を作ってた!!

IMG_3258.jpg











アウトローな感じが

ギンギンに伝わって来るぜ!



作っている作品もかなり個性的だしね♪

IMG_3252.jpg



IMG_3251.jpg











もともと、デパートでやっていた時よりも

規模はかなり小さな物になっていると思うけど、

アウトローな感じが好きであれば、

是非とも。









おしまい。









『今日の写真達』







・アーティストの溜まり場だった、タヘレス。

IMG_3247.jpg










・お代金はコチラまで。

IMG_3254.jpg











・個性的な作品達。

IMG_3253.jpg











・特大の指紋達。

IMG_3249.jpg











・アイヤー!!

IMG_3255.jpg










・カレー味のソーセージ。『カレー、ヴルスト』
 
 激ウマっす。

IMG_3261.jpg













いつも愛読ありがとうございます!
見たよ!の激クリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村





| ドイツ | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ベルリンにあるユダヤ人犠牲記念館とは。。。




皆さんのワンクリックで頑張ってブログ更新しております。


1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。




あっ!それと何でも結構なのでコメント頂けると
テンション上がります!是非、気軽にコメント下さい♪




ブログランキング参加中♪


見たよ!!のクリックお願いします。
下記の画像をクリックして下さい♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







ベルリンには、ユダヤ人犠牲記念館がある。




僕もベルリンに来るまでは知らなかった場所。

ここには、、第2次世界大戦で大勢のユダヤ人が

亡くなった記念碑がある場所。







第2次世界大戦でドイツ軍がユダヤ人を殺した数は

なんと、600万人以上だと言われている。






600万人って・・・




どれぐらいの数かと言うと、東京の人口が

1300万人なので、その半数近くが

殺されるって事。







いやー、普通に考えたらありえないよね。




でもね、もしも自分がその時代に生まれた人だとしたら

自分は人殺しなんてしてないだろうか?







もちろん!絶対にやらない!

ってみんな口を揃えて言うだろうけど

ホントだろうか?







そりゃ、今の世の中だったらもちろんNGだよ。

でもさ、自分がその時代に生まれていたら

たぶん、人殺しやってると思う。



だって、そういう教育を受けていて、

やらなきゃ自分が殺されるわけだからね。







で、何が言いたいかと言うと、

僕たちに出来る事は、過去の過ちを2度と

繰り返さないって事。







正直、戦争を経験していない僕たちは

戦争の本当の恐ろしさを知らない。




でも、先人達が残した資料や負の遺産を

しっかりと噛み締めて繰り返さないように

する事は出来る!



それが、僕たちに出来る事だと思う。







日程の都合上、行けなかった場所にポーランドの

アウシュビッツ強制収容所という場所がある。



この場所では、ヒトラーが大量虐殺を行った場所として

負の世界遺産に認定している場所。



ここでは、150万人が殺害され、

今後もこのような悲劇を2度と起こさないように!

という意味で負の世界遺産に認定されている。







日本で言う所の、広島の原爆ドームが同じ

負の世界遺産。



もし、興味がある人はアウシュビッツ強制収容所で

検索してもらいたい。







ちょっと話を戻すけど、ベルリンにある

ユダヤ人犠牲記念館がコレ。

IMG_3233.jpg











ここの下には、その生々しい資料などが

展示されている。



音声ガイドもあるので英語が出来る人は

音声ガイドの元、回った方がいいと思う。




僕の場合、英語が全く出来ないから

聞きたくても聞けなく、

写真を見ながら感じ取る事しか出来なかった。







でも、戦争の悲惨さ。無益な事。

ってのは写真だけでも十分伝わる。








是非ともベルリンに訪れた際は、

行って欲しい。









『今日の写真達』








・2711基の大小様々な石碑。

IMG_3225.jpg



IMG_3236.jpg











・ベルリンの壁の足跡。

IMG_3218.jpg










・マリオとルイージ発見♪♪

IMG_3222.jpg










・名前忘れたけど、変なのもいた。

IMG_3223.jpg










・昔のドイツとかのビザスタンプを打ってくれる所。

 まぁー、有料らしいけど。

IMG_3216.jpg













いつも愛読ありがとうございます!
見たよ!の激クリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村





| ドイツ | 07:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ベルリンの壁。のいま。



皆さんのワンクリックで頑張ってブログ更新しております。


1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。




あっ!それと何でも結構なのでコメント頂けると
テンション上がります!是非、気軽にコメント下さい♪




ブログランキング参加中♪


見たよ!!のクリックお願いします。
下記の画像をクリックして下さい♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村






ドイツと言えば、まず思いつく場所って言ったら

ベルリンの壁じゃないかな?







俺は、ビールが世界で1番好きだー!

みたいな人は、もちろんオクトーバーフェストやろ!

みたいに言う人もいるかもしれないけど、








そんなビールっ腹野郎じゃない人は

まぁー、ベルリンの壁っていうよね。







僕もドイツに来たのであれば、ベルリンの壁を

一目見ておきたい!と思ったのでベルリンの壁へ。









んで、ベルリンの壁って実を言うと

ほとんど残っていない!!







でも、かろうじてベルリンの壁が残されている

場所で有名なのが『イーストサイドギャラリー』







でも、このイーストサイドギャラリーでさえ、

今では、アーティスト達が絵を描いていて

ベルリンの壁の面影は残っていません。







そして、僕はここに訪れるまでベルリンの壁って

東ドイツと西ドイツを分け隔てる為の壁だと

思っていた。







たぶん、ブログ見ている人の中にも、

えっ?!







違うの?!

(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル








みたいになっていると思うので、

調べた所、こんな感じに分かれていた!

ベルリンの壁











そうなんです!!

東ドイツの中にあるベルリンを

東西で分け隔つ為のものだったんです。








じゃー、なんで分け隔てる必要があるわけ?

そんな、?マークが頭にポポポと出てしまった

そこの奥さん!!







そうです!

あなたです!!








僕も同じように疑問に思いましたよ!

なんでなの?どうしてなの?

ちゃんした説明をしてちょうだい!!

そう思いました。







そこで、僕が調べた所こんな歴史的背景が

あったんです!







※下記ネットより抜粋
----------------------------------





◆分割占領



第2次大戦でドイツと戦ったアメリカ、

イギリス、フランス、ソ連の4か国は

ドイツを分割して占領しました。



そして首都だったベルリンも、

これら4か国の間で分割され、

占領されました。



ソ連がベルリンの東側半分を取り、

米英仏は西側半分をほぼ3等分して占領しました。

この分割占領こそが悲劇の始まりでした。



その後、米英仏とソ連の対立が決定的となるにつれ、

その影響は分割占領されていたベルリンにも

はっきりと及び、西ベルリンと東ベルリンの

体制の差、分断状態もはっきりしてきたのです。







◆壁が必要だった理由



特にソ連が占領していた東ベルリンでは、

社会主義的な統治が敷かれ、

生産ノルマ引き上げなど労働者への締め付けが

厳しくなっていったのです。



これを嫌って東から西ベルリン側に移り住んだり、

東側に住みながらも稼ぎのいい西ベルリンへ

通勤する人が50年代を通じて増えました。



これは当然、東ベルリン側(東ドイツ、ソ連)

にとっては許せない事態です。

戦後復興に欠かせない労働力が、

どんどん西側へ流出してしまっては、

計画経済が成り立たないからです。



東独は、こうした人口の移動を

「西側による人身売買」と非難し、

防止に躍起となりましたが、

東西間の生活水準の差は明らかでした。







◆そして壁ができた



そこで東側がとった策が「壁」の建設だったわけです。

西ベルリンを壁で強引に囲ってしまい、

交通を物理的に遮断することで、

労働者を西側に逃がさないようにしたのです。



1961年8月13日未明のことでした。

しかし、壁の建設といっても、

最初から立派な壁を作れたわけではなく、

当初はとりあえず鉄条網を立てて封鎖していく

というものでした。その後、鉄条網に代わって

コンクリートのブロックを積み上げた壁や、

コンクリート板を使った塀のような壁が作られました。







◆西ベルリン全域を囲っていた壁



したがって壁とは、

「西ベルリンと東ベルリンの間の境界線上(約60キロ)

にあって、東西ベルリンを互いに隔てるもの」

という認識は間違いです。



よくこのように誤解されますが、現実には

「西ベルリン全体を東独の中で封鎖し、

孤立化させたもの」です。

だから壁は西ベルリンの周囲(約165キロ)

にあったのです。







◆進歩を続けた壁



時間がたつにつれ、

壁は改良され頑丈になっていきましたが、

「間仕切り」だけが作られたわけではなく、

警備をしやすくするため、壁の裏を数メートルから

数十メートルの幅にわたり無人地帯にしたり、

越境する者がいないか見張るための監視塔を建てたり、

警報装置を設置するなど、

様々な付帯設備も作られました。



亡命を阻止するためにあらゆる工夫を凝らしたのです。

そして徐々にしっかりした封鎖体制が

築かれるようになりました。

壁を見張っていたのは国境警備隊という軍隊組織でした。







◆壁の持つ意味



つまり「壁」は単に障害物としての

存在だけでなく、西ベルリンを周囲から

完全に切り離し、東側からは絶対に

越えさせないようにするための道具となったのです。



そして、そうすることで東独の市民にとって

西ベルリンは存在しない街、

存在してはならない街になったのでした。



事実、東独が発行したベルリンの地図の中には、

西ベルリン部分は空白になっていて、

道路も鉄道も記されていないものがありました。






----------------------------------








こんな時代背景があったんです。

だから、イーストサイドギャラリーに

描かれている絵の中にこんな絵があります。

IMG_3196_20130104045741.jpg








旧ソ連のブレジネフ書記長と

旧東ドイツのホーネッカーのキス。






最初は、なんでこんな絵が描かれているのか

意味が分からなかったけど、こうやって

歴史的背景を知る事で理解出来た。






その他にも、色々な絵が描かれているんだけど、

こんな絵もあるんだよね。

IMG_3182.jpg












そう!

日本の富士山!!








でもね、その日本の所にこんな事が

書いてあるんだよ。

IMG_3183.jpg









よーく、見ると、

IMG_3185.jpg










(´Д`)ハァ…



なんで、こんな事を書くんだろうね。

ここにこんな事を書いて、

何の意味があるのかな・・・



寂しくなるよね、こういうのって。







んで、やっぱアホな日本人もいるんだよね。

IMG_3184.jpg








(´Д`)ハァ…

もうー、日本人として恥ずかしいわ!!

マジでこういうの勘弁して欲しい。。。







とは言え、せっかくドイツに来たからには、

ベルリンの壁は見てね!!








おしまい。









『今日の写真達』








イーストサイドギャラリー集。

IMG_3191_20130104045741.jpg



IMG_3193.jpg



IMG_3192.jpg



IMG_3186.jpg



IMG_3179_20130104054105.jpg



IMG_3187.jpg



IMG_3181.jpg



IMG_3176.jpg




IMG_3175.jpg




IMG_3178.jpg




IMG_3177.jpg




IMG_3171.jpg










・ベルリンの壁は意外と薄かった。

IMG_3168.jpg










・こんな絵が描かれるとは、ベルリンの壁を

 建設時は思いもよらなかっただろうね。

IMG_3180.jpg













いつも愛読ありがとうございます!
見たよ!の激クリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村





| ドイツ | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

何もする事が無いぞ、ミュンヘン!!





皆さんのワンクリックで頑張ってブログ更新しております。


1日、1クリックまで

カウントされる仕組みです。




あっ!それと何でも結構なのでコメント頂けると
テンション上がります!是非、気軽にコメント下さい♪




ブログランキング参加中♪


見たよ!!のクリックお願いします。
下記の画像をクリックして下さい♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







先日の夢なんですけど、『24』の見過ぎで

ジャックバウアーと共演を果たす事が出来ました。








次回は、ブルース・ウィルスとの共演を

目指します。







どうも、こんにちは。

再就職は役者もイケそうです。

夢の中では思いのまま、サキモージョです。










いやー、ミュンヘンに来たのはいいんですけど

やる事が全く無い。

もうー、やる事が無さ過ぎて、ビックリする。







そもそも、ミュンヘンとか来るつもりは無かった。

じゃー、なんでミュンヘンに来たんだよ!

って話にもなると思うんですけど、

まぁー、聞きなさい。







プラハで、チケットを事前に取っておこうと思い、

プラハに着いた日にニュルンベルク(ドイツ)

行きのチケットを取っていた僕。







いやー、やっぱり準備で8割って言うでしょ?

やっぱ、出来る男ってのはこうじゃないとね。

未来を見据えるっていうか、

出来る男は、先見性が問われるっていうか。








んで、プラハを出る前日にニュルンベルクの宿を

抑えようとネットでカチカチ検索してみると、

最低の料金が50ユーロからしかないっていうね。







よくよくカレンダーを見ると、

次の日は土曜日!だったというね。







ちなみに、ニュルンベルクに行こうとした理由は

世界で1番のクリスマスマーケットが開かれている

からなんだけど、そんな場所だから週末とかは

宿の値段上がりっ放し、安宿なんて事前に

抑えられているに決まってるやん!っていうね。








まぁー、なんと言いましょうか、

僕の先見性が問われるっていうか、

未来を見据えてない感がハンパないというか、

新入社員の気持ちで臨みたい所存です。










まぁー、そう言う事なんで、

とりあえず、ミュンヘンにでも行ってみようかと

思いまして、来たわけなんですけど

特に、見所もない!という感じ。







とは言え、そんな事ばっかり言っていたら

ミュンヘンの人に怒られそうなんで、

ミュンヘンで有名イベントがあるんですけど、







それは、何を隠そう

ビール好きによるビール好きの為の祭典。

『オクトーバーフェスト』がある場所。






最近じゃー、日本でも色んな場所で開催されているから

結構馴染みがある名前ではないでしょうか?







ちなみに、毎年600万人のビールっ腹野郎どもが

ビールを飲みに来るイベントで、

世界最大規模のお祭りなんですねー。

まぁー、興味がある方は、こちら。








こういうお祭りも無いので、街はいたって

平和です。









なんで、地球の歩き方見ても行きたい所が

無いので、適当に散歩する事に。







んで、適当に教会とかを見つけまして、

IMG_2558.jpg








その教会に入って、

キャンドルの火を見て、

まったりしたり、

IMG_2561.jpg











宿の近くの橋のデザインがかっこよくて、

写真を撮ってみたり、

IMG_2570.jpg











クリスマスマーケットを見に行ったり、

『ワッハッハッハッハ』

IMG_2584.jpg











可愛いサンタサンを発見したり♪

IMG_2594_20121228063142.jpg











羊のモフモフを発見したり、

IMG_2590_20121228063112.jpg











ドイツソーセージに噛りついたり、

IMG_2595.jpg











そんなミュンヘンの街歩き。

する事無くて、結構楽しいもんやね。(笑)








んで、ゆっくり2泊もしてしまったミュンヘンを

後にしようとチェックアウトを終わらせ、

ラウンジでバスの時間までネットしながら

過ごしていると、








僕の名前を呼ぶ声がする・・・








まさかー、こんな所でー?!









うそー!

なんでこんな所にいるの〜?








てな具合に初めてヨルダンで出会い、

エジプトで再会して、更にミュンヘンの

すげーローカルな欧米人ばっかりいる宿で

再会するなんてー!

ともちゃんと、アツシ君。

美男美女の新婚さん!いらっしゃーい!

IMG_2617.jpg
※写真はブレブレですけど。










いやー、こりゃビックリ、ビックリ。

年明けのフィンランドでオーロラ鑑賞も

再会しそうだし、楽しみっすね〜。







さて、さて、それでは

ミュンヘンを抜けて、

パリへ行きざます。







おしまいざます。









『今日の写真達』








・特設スケート場。

IMG_2603_20121228063146.jpg











・スケート場の可愛いソリ♪

IMG_2604.jpg











・はぁ〜、でっけぇー駅だ。

IMG_2620.jpg











・今日の長距離バスのお供はもちろん

 ルービーでしょ。

IMG_2626.jpg













いつも愛読ありがとうございます!
見たよ!の激クリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村





| ドイツ | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。